ボランティア制度

アメリカ等では確立されているボランティア制度。ボランティアは良いことだとか、意義があるというだけではなく、制度化されているということが発達する要素なのだろうと思う。医療系の学生であれば、学生中のボランティア活動なども評価されたり、医学生であれば、強制的にボランティア時間がなければ単位が取れないようになっているという話を聞いた。これも、まずは行動を通じて、実際に動いてみてから重要さを知ったり、知識や感情へ繋いでいけば良いという考え方の一つであろう。良いことだからやりなさいでは、実際の行動まで結び付き辛い。

IMG_0517

日本でも、清掃や美化に関する制度、教育がとても発達しているから「綺麗が気持ち良いこと」と思える国民を作っている。特に海外に行くと、清掃や美化の感覚があまりにもないことに驚いてしまう。これも、あくまでも制度やシステムが先なのだ。行動しながら感情を作っていくということであれば、医療機関等でもボランティアが進んでいないのも、日本の制度がそこに注目してこなかったからだけだ。医療は、いつでも誰でも突然必要になってしまうものでもある。だからこそ、学生のうちから、医療に関わるボランティア活動を通じて、困った人を助けたり、医療を必要とすることが案外身近にも起こりうることを知っておく環境が整備されれば良いなと思う。

看護力不足は、何も看護師の数を増やすだけで解決するのではない。。看護に関わる人を様々な方面から増やすことで、全体的に不足している看護力を充足させていくことが理想であると思っている。生き生きとボランティア活動をしている学生さんの姿は清々しく、こうした方々の力を日本も必要としているのだと感じる。

明るい医療現場

日本の医療現場に比べて、海外の医療現場は明るいと感じる。楽しんで仕事をしているという雰囲気が伝わってくる。シリアスな現場だからこそ、医療スタッフの明るさが救いになったりするのではないか?と最近は特に感じるようになった。楽しむ、明るくというキーワードは看護学生時代から教えられることはなかったし、医療現場で勤務する人間がそういうことを言うのは不謹慎だと言われるような恐怖があるのも事実だ。

しかし、自らの職業に誇りを持ち、楽しんで仕事をすることは非常に素晴らしいのだと今は強く思う。

(ベッドを移動する機械の前でポーズする移送チームの方)

IMG_8241

(自分が任されている範囲は完璧に綺麗にする!と自信を持って働くクリーンスタッフ)

IMG_8510

自分が医療現場で直接勤務している時は、仕事を楽しいと思っていたが、周囲を明るくしようという所までは至っていなかった。特に患者さんに気遣うことにおける明るさは大切だと思っても、同僚間や病院全体の雰囲気を明るくしようとは思っていなかった。ここ最近は、外部スタッフとしてや、知人の見舞いで病院を訪れるため、余計に病院や医療スタッフの暗さに気付けるようになったのかもしれない。緊張感の中で勤務を行っている医療従事者だからしょうがないと思っていたが、本当にそれで良いのか?と感じることが出来るのも、自分自身がインサイダーでもあり、アウトサイダーでもあるからなのだろう。話しかけづらい、挨拶すらしづらいという日本の医療現場を明るくするというのはひとつの目標である。

日本の医療、看護は本来素晴らしい。どの海外よりも勝っているといくつもの病院をみても思える。ただ、表現力が乏しいのは事実だ。例えて言うなら、すごく美人なのに、無愛想なので美しさを表現し切れていないということだろうか。自らの美しさを理解し、きちんと表現出来てこそ美しさを共感し認めてもらえるのだから。