ボランティア制度

アメリカ等では確立されているボランティア制度。ボランティアは良いことだとか、意義があるというだけではなく、制度化されているということが発達する要素なのだろうと思う。医療系の学生であれば、学生中のボランティア活動なども評価されたり、医学生であれば、強制的にボランティア時間がなければ単位が取れないようになっているという話を聞いた。これも、まずは行動を通じて、実際に動いてみてから重要さを知ったり、知識や感情へ繋いでいけば良いという考え方の一つであろう。良いことだからやりなさいでは、実際の行動まで結び付き辛い。

IMG_0517

日本でも、清掃や美化に関する制度、教育がとても発達しているから「綺麗が気持ち良いこと」と思える国民を作っている。特に海外に行くと、清掃や美化の感覚があまりにもないことに驚いてしまう。これも、あくまでも制度やシステムが先なのだ。行動しながら感情を作っていくということであれば、医療機関等でもボランティアが進んでいないのも、日本の制度がそこに注目してこなかったからだけだ。医療は、いつでも誰でも突然必要になってしまうものでもある。だからこそ、学生のうちから、医療に関わるボランティア活動を通じて、困った人を助けたり、医療を必要とすることが案外身近にも起こりうることを知っておく環境が整備されれば良いなと思う。

看護力不足は、何も看護師の数を増やすだけで解決するのではない。。看護に関わる人を様々な方面から増やすことで、全体的に不足している看護力を充足させていくことが理想であると思っている。生き生きとボランティア活動をしている学生さんの姿は清々しく、こうした方々の力を日本も必要としているのだと感じる。

Tomomi Naka

Tomomi Naka

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *