看護師社長物語 Vol.193

派遣先では、最後の最後までグループ病院に留まるようにと説得をされたが、どこも東京に帰ってしまえば通える距離にはなかったので丁重にお断りすることにした。数ヶ月の経験ではあったが、この病院で見たこと、体験したことが、その後のより強いモチベーションに繋がっているので心から感謝している。いよいよMBAに通う準備を開始するために学校に通っている間の住居と、職場が必要になった。住居はその当時は日本では新鮮だった、半シェアハウス的な物件に決めた。部屋にトイレやお風呂は完備しているが、キッチンと洗濯機は共有するというスタイル。

(器もユニークで美しいフォー)

IMG_8140

職場は、まずは派遣で美容のクリニックに通いながら、じっくり探すことにした。夜間は学校に通う都合があったので、昼間だけの職場であること、極力、起業後に役に立つ職場であることなどを条件に、当時お世話になっていた派遣会社の中で、一番大きかった会社へ履歴書を送った。人事の方の面接後、最終面接で、女性が面接してくれ「起業したいのでこちらで勉強したいんです」とストレートに伝えたら「いいんじゃない!」と明るく回答してくれたのだが、入社が決まり驚いたのは、その女性が会社の社長だった。この会社は有難いことに、社員でありながら、休みの日には派遣看護師として、案件の中から仕事に行くことも出来たので一石二鳥に学べるということでもあった。

看護師が勤務出来る職場の仕事はなんでも見ておきたいと思っていたので、この上ない職場に就職出来て、これで起業までここで学べる!と安心していた。