看護師社長物語 ~番外編 その10~

無駄な体験などないと思う一つがニュージーランド留学だ。

本当の目的は、起業の勉強をしにMBAを取得出来る学校を受験する。その受験科目であった英語を受験レベルまで引き上げることであった。ところが帰国していざ受験となった時には試験科目から英語は外されていた。ここだけを捉えると、何とも無駄な時間だったようにも思うが、実際にはここで出逢った人、体験がその後の人生に大きく影響を与えることになった。

(ホームステイではなく、学生寮に住むということで得られた体験も多い)

IMG_7121

(緊張して臨んだ最初のテストでは、自己紹介もままならず、初級クラスへ振り分けられた)

IMG_2714

中学生の時に、父からは英語は全員同時スタートなのだから、頑張って勉強して、自分にも教えて欲しいと言われ、母からは、せめて英語と中国語とコンピューターだけやってくれれば生きていけると言われていたのに外国語なんて大嫌い!海外なんて行かないから必要ないと思って二人の言葉を聞いてはいたが実行はしなかった。日本大好き、海外は行かないを30歳まで豪語し、職場の同僚が「ハワイに行く」とか「ヨーロッパに」など言っても「食事は何を食べるんですか?」とか「綺麗なビーチなら沖縄で良い」「美味しい食事と緑なら北海道でいい」とまたまた聞く耳を持たなかった。

ところが、そんな考えを勝る目標が出来た途端「留学する!」と決めたので、先輩や同僚はとても驚いていた。え?会社を辞めるの?海外絶対に行かないんじゃなかったの?と今でも呆気にとられた同僚の顔は忘れられない。遊びに行くなら日本国内がいいが、必要な英語を短期間で取得するのだから、行きたいとか、行きたくないとかという感情はその際、どうでも良かった。

(週に3回は食料を購入していた寮の目の前にあるスーパータイピン)

IMG_7123

目標を持つことの大切さは自分では理解しているし、自分からすると突然のことではないのだが、周囲がその考えを理解し辛かったり、ついてくるのが難しいと考える気持ちも今では少しわかる。そういう意味では、随分と沢山の人を今までも驚かせて、心配させて「大丈夫なの?」と思わせてしまったものだ。

(ほぼ週1回ペースで食べていたバーガーキング)

IMG_2688

ともあれ、海外旅行の経験ゼロからいきなり一人で飛び出したことは、目標なしには成し得なかった。異文化にふれ、日本をより思うようになり、視野の狭さを痛感したあの体験が、今のスタッフと共に働くことに繋がっていることは間違いない。世界を意識し、他国の成功例や失敗例も含めて学び、独自の解決方法を編み出すということの一歩は、あの日、青い空のオークランドに降り立った時から始まったのだと思う。