母:敦子物語 Vol.36

義父が亡くなってからも、夫方の兄弟姉妹とは年に1-2回は集まったり旅行に行ったりと交流が続いていた。義母が元気で一人暮らしをしていたため、義母を中心に集まることが出来ていた。子供達も同じような年齢だったので、家族同士で集まる時は、大変賑やかだった。夫は若い頃、バンドを組んで歌っていたこともあったので、歌が好きで、家ではハチトラの器械でカラオケをするなど、いち早くカラオケを生活に取り入れていた。ある時は、関西方面で既にカラオケが流行り始めているので、東京でもカラオケの店を開始してはどうか?という夫の提案に、安定した生活を望んでいた自分は反対した。「東京の人は歌なんて人前で恥ずかしくて歌わない!」と言ったのだが、その後に空前のカラオケブームが巻き起こったので、これまた後悔の一つとなっている。

IMG_7842

ともあれ、家でのカラオケに対しても、最初は夫や子供が歌うだけなら良いのだが、自分が歌うということには抵抗があった。それでも、夫のすすめもあって、家族それぞれが歌えるように自分の好きな曲なども含めハチトラのカラオケを購入し、家でカラオケを行っていた。そのうち、歌っている時にカセットテープに録音しよう!ということになり、家族それぞれの歌っている歌や、一緒にうたったりした曲を録音して家族オリジナルテープを作成した。夫方の親戚に会う時に、そのテープを持っていくと、大好評!「これはいい!欲しい!」ということになり、いくつかテープを作成し、親戚に配ったりした。そのうちに他の親戚もカラオケ機を購入したりして、親戚一同がカラオケファミリーのようになり、お正月でも集まるとみんなでカラオケ大会を行うくらいにまでなったのであった。

思えば、夫と結婚する時、自分の家族に夫を紹介した宴席で、夫が有難や節を家族の前で歌った時「人前で歌が堂々と歌える人を夫に出来たんだな」と嬉しくなったことは忘れられない思い出の一つであった。その当時から、歌をうたったりする明るい家庭が夫とは築いていけると思っていたのかもしれない。