母:敦子物語 Vol.32

娘二人にはドラムを習わせていた。最初は直が知り合いから習い始めたのだが、一緒についていった友も保育園児ながら習いたいというので、では一緒にということとなった。夫は直にスケートを教えたり、スポーツに音楽にと本人たちが好きになるようなことであれば、色々と経験させたかった。直はドラムもスケートも素質があったのか、直ぐに上達していった。直が町内の夏祭りでやぐらの上で太鼓をたたく姿などを見ることもできた。

IMG_7818

友は自転車の後ろに乗りながら陽気に聞いたことも無い曲を口ずさんでいるので「保育園で習った曲?」と聞くと「違う!ソウルドラキュラ」とドラム教室で現在習っているという曲を口ずさんでいたようだった。それにしても保育園児がソウルドラキュラとは何とも愉快である。

友はそれ以外にも、小学生になってから算数で困らないようにと、そろばんを習わせたので、足し算や引き算も小学生前から出来るようになっていた。直は非常に字が綺麗だったので、習字は習わせなかったが、友には習わせていた。色々な習い事をさせた傍、映画や演劇にも連れて行き、親が直接教えられないようなことも、映画などから学んで欲しいと思った。それ故に、子供映画だけではなく、青春映画、ハリウッド映画などどんなジャンルでも一緒に連れていったのであった。