母:敦子物語 Vol.26

自分が子供時代には得られなかった温かい家族、明るい家庭を自分で作っていると実感していた一方で、両親との距離はどんどん離れていっていた。一時期は、週末に家族で両親の家を訪ね夕食を共にしたり、父が友や妹の子供を連れて遊園地へ連れていってくれたりした。両親、自分の家族、妹家族、弟家族などが集まって全員で和やかに過ごす時間はなんとも嬉しい時間であったのだが、それは短い期間で終焉を迎えてしまった。それは、父のビジネスが大成功しそうだという時に始まった。今まで通り両親の家を訪ねると、母や弟夫婦から歓迎されないような言葉をかけられるようになった。両親と弟夫婦は、常に行動をともにしていたので、あまり近づかない方がいいのかな?と不思議に思ったが、自分が両親の家に行くことで、何か嫌な思いをさせるのであれば、行くのはやめようと思い、その時から足が遠のいた。

IMG_7821

それでも、顔を出さないことで、父に「なんで来ないんだ?」と呼ばれれば、会いに駆けつけたりするのだが、やはり母は喜んでくれる様子がなかった。思えばビジネスで成功しそうな父と近づけたくなかったのかもしれない。父も深酒をするようなことも続き、ビジネスでストレスがあるのか?ビジネスが成功すると寂しさが募るのか?とも思ったが、母の様子を思うと、やはり父に頻繁に会いに行くことは避けたかった。そんな日々が続いていたある日、悪夢を見た。濁流に流されていく両親や弟夫婦などを見ながら、自分は川岸の雑草にしがみついていた。流されてしまう両親を見ながら、手を伸ばしても助けられないもどかしさと、自分も濁流に飲まれそうな所を必死に雑草にしがみついている恐怖にうなされて目が覚めた。

そこから数日後、父が亡くなったと電話が来た。破天荒であったが、自分のことは思ってくれていると感じる瞬間が何度もあった父である。寂しそうに自分を見ていた目が忘れられない父である。苦労もかけられたが、自分にも性格が似ているのも父である。その父が突然亡くなってしまい、大きな喪失感に襲われた。ビジネスが成功しそうだというところからの突然の死。父の死を受け入れるまで時間が必要だったが、悪夢の意味も反芻しながら、父の一生を振り返り、父の優しい面、自分が思われていた面を大切に生きていこうと決意した。

ただ、父の葬儀という深刻な場面でも、まだ保育園に通っていた下の子は「明日は保育園お休み?」と親戚一同の前で、大きな声で聞いてくるので「そうだよ、お休みだよ」と返答すると「わーん、おじーちゃーん!」と泣き始めた。お休み確認で安心してから泣くという子供の素直さに、思わず笑ってしまったのであった。