母:敦子物語 Vol.19

こうして、再び娘が二人になった。長女を病気で失い、離婚してからずっと次女を一人で育ててきたが、十分に手をかけてあげられなかったことで次女には寂しい思いをさせてしまった。今は再婚もし、優しい夫もいる、同じような子育てをしたら意味がない。そこで、長男を産めなかったことをいつまでも悔いていてもしかたがないので気持ちを切り替え、新しい子供は十二分に話を聞き、最初から一人の人間として自立した人間に育てようと決意した。

IMG_7793

ただ、自分は両親から愛情をかけて育ててもらったという記憶もなかったので、意地もあり絶対にあんな育て方はしたくなかった。だとしたら親を反面教師として、正反対に育てるということが、ある意味、子育ての方法だと思った。両親は子供の話を聞いたり、一人の人間として対応したりはしてくれなかった。故に、生まれたばかりの子供には、赤ん坊の頃から、沢山話しかけ、歌を聴かせ、本を読むなど手をかけた。ただ、自分だけではなく、夫もかなり過保護だったこともあり、冬に生まれた子が、風邪をひいたりしないように!と部屋にストーブをつけ、毛布でくるんで、洋服もしっかり着せて靴下まで履かせて寝かせていた。

ある時に気付くと、赤ん坊の身体中に赤い斑点ができている。慌てて病院に連れていくと「汗疹です」と言われ、何をしたらこの寒い冬にあせもなんて出来るんですか?と医者に言われた。家の状況を説明すると「子供なんて体温も高いんだから、それはやり過ぎですよ!」と注意され、薄着にして寝かせているとみるみるうちに赤い斑点の汗疹は消えていったのだった。

最初の子供でもないのに、自分も夫も娘も全員で手をかけていたせいもあり、かなり過保護な子育てが開始になったのであった。