違い: Difference

日本の看護師とアメリカの看護師の違いは様々あるものの、大きな特徴の一つが業務における悩みの違いであるということを知った。日本では血圧測定や体温測定など基礎情報のチェック、清拭、洗髪を含めた直接的な患者ケアも看護師が行う場面が多いこともあって、大抵動いている時間が多い。

一方でアメリカ(今回はカリフォルニア州)の看護師は、基礎的な患者ケアは他の業種が行うため、電子カルテに向かってアセスメントを行ったり、患者の把握をするために記録を読み返したりと、座って行う作業がとても多い。

身体をフルに動かして腰が痛いと悩む日本と、座り仕事が多く腰が痛いと悩むアメリカ。業務内容の違いが生み出す悩みの違いの一つ。

IMG_6974-2