規模:Scale

敷地面積が広大な病院。様々な専門もさることながら、研究棟の多さにも驚く。寄付した人の名前をそのままビルの名前にして、◯◯リサーチセンターのような形になってる。

アメリカは未来に向けた医療の研究がとてもさかんであると、施設規模だけをみても容易に理解出来る。 今の命を守る現場、そして未来に向けた研究どちらも規模が違うなと感じた。ただ、日本の医療が劣っているというのではないということが実感出来たのもとても良いことであった。

日本には病院に医師が常に居て、入院患者のケアも急変にも臨機応変に対応出来る。これは患者さんにとってとても安心なことだ。日本の医療を知る、アメリカ在住のアメリカ人に話しを聞くと「手術をするならアメリカがいいが、入院するなら日本の病院が良い」と言っていた。これもまた面白い意見である。

アメリカの良い面となる、医療連携、プロフェッショナリズム、業務の分業化などはとても参考になる。単なる模倣ではなく、日本らしい形で、日本の医療を進化させていくためにも他国の良い要素は学んで取り入れる必要性を強く感じた。全てはより良い医療を提供するために。

 

IMG_6544

Tomomi Naka

Tomomi Naka