人材不足:Manpower shortage

既に10年以上も前の話になるが、ニュージーランド留学中に「日本は少子化でどの分野でも人材不足が加速している!」と日本人以外の人達に話した所「えーあんなに小さい島で、1億以上の人口がいるのに人材不足?なんで?」という反応だった。確かに小さな国土で、これだけ多くの産業が発展している国というのも少ないのだろう。

日本は、多くの産業が発展し、海外とのビジネスも当たり前のように多くある。発展している産業があるからこそ、そうした産業を支えるための人材は不足し、また国内においてもサービス業や、超高齢化社会に伴い、医療介護分野も人材は不足する。

国土の大きさから考えれば、ニュージーランドも日本も大きな違いはなくとも、産業や人口規模が大きく違うのだから、人材不足が起こるのはやむおえない。

あれから10年以上経過した今、日本のコンビニや飲食店では多くの外国人の方が勤務するようになった。今や外国人の方々との恊働は当たり前のようになっている。

 

本日、プリンのデザートを運んでくれたウェイトレスさんもミャンマーの方で、素敵な笑顔で勤務されていた。

IMG_6262

 

外国人の受け入れに関しては、未だに規制の多い日本。このままでは、人材不足によりビジネスの減速が強いられたり、命を支え合う仕組みが崩れて行きかねない。日本の未来を明るく照らすのは、将来を見越した発想と転換が必要だ。人も進化するように、進化した国も、より強く生き残るのではないだろうか。