欠航:Flight cancellation

A-LINE株式会社 http://www.aline.jp

ランキング参加中

人気ブログランキングへ

空港でサッと食べられるものを探し入ったお寿司

f:id:a-line:20121017125016j:image

和歌山へ行く時は、ここ最近、関空~リムジンバスで和歌山駅というコースを使っている。

本日も関空行きの飛行機を予約し、搭乗口前に座って待っていると、整備の遅れで搭乗が遅れるとのアナウンスが入った。

暫くすると、機材整備で関空行きが欠航になりましたとアナウンスが流れる。飛行機を待って居た乗客はそれぞれ携帯で連絡を取り始めたり、落ち着かないのかウロウロ歩き始めたりしている。

色んな約束があるのだろうから、焦る人をみるととても気の毒にも思えた。

私は明日の研修に向けて前泊だったので余裕があったが、これが当日の出来事じゃなくて本当に良かった。。。と思ってしまった。当日ギリギリに到着なんてスケジュールはよく組んでいたので、少し反省。

思えば以前も前泊の九州行きで欠航になったことを思い出した。あの時は夜の便が欠航になって、別の空港に到着したときには電車もバスもなく、とても困ったな。

本日の振替え運行先は、伊丹空港ということで、急遽カウンターでチケットの変更手続きなどが開始となった。皆焦っていたり、イライラしていたように感じたが、怒鳴ったり、声を荒げるような人もいなかったので、日本人ってこういう時のマナーも世界一だなと改めて感じる。

まあ、離陸前に整備不良が分かっただけ良かったし。

その後、伊丹空港へ行くことになったが、そこからの移動は各自で行うということで伊丹空港から関空までのリムジンバスを探す。雨が降り始め、バス乗り場も分からず、勤務している人も羽田のように充実していない。寂しい空港だなという印象を持ちながら何とかバス乗り場を発見。

関空までも道は混んでいて、このバスも遅れて関空到着。

少し閑散としていた関空。

f:id:a-line:20121017181711j:image

そこから、またリムジンバスで和歌山駅まで向かう。雨で寒いような気持ちになって、スタバのほうじ茶ティーラテを購入してから乗車した。

途中の高速道路で何台も故障車らしい車が止まっていたり、一台は追い越し車線で今まさに故障してしまったという車が止まったりして、今日は事故とか、整備不良とか怖い日だなとハラハラしながらラテを飲み干す。

和歌山駅からはタクシーでいつもと同じホテルへ。窓から見えるいつも通りの景色に「ああ又来られたんだなー」とホッとした。

応援クリックお願いします

ビジネスブログランキング