間違い:Mistake

A-LINE株式会社 http://www.aline.jp

ランキング参加中

人気ブログランキングへ

そば粉のガレット

f:id:a-line:20120910171819j:image

しょうがのアイス

f:id:a-line:20120910173600j:image

冷静になって考えれば、何でそんなことをしてしまったんだ?と間違いに気付けることでも、何かのスイッチが入ってしまうと案外、大きな間違いも見過ごしてしまうことがある。

ただ、同じ間違いの中にも、しても大丈夫な間違いと、絶対にしないほうがいい間違いがあるなと思う。

ただ単に、恥をかく程度の間違いであれば、次からの参考にもなるし、経験値としてむしろ加算されることもある。

一方で、身体的な危険を及ぼすような間違いは未然に防ぎたいもの。しかし、スイッチが入った時には自分からは見えないということが多々ある。それ故に、自分の無謀な面を止めてくれたり、注意してくれる人の存在というのは非常に貴重だ。

思い込みすぎたり、何でも安直に考え過ぎたりと、何でも「過ぎた時」は注意信号だ。そんな時にもらえたアドバイスは素直に聞けるようにしておくことで大きな間違いを回避出来るのかもしれない。

常に自分だけが正しいなんてことはないのだから。

応援クリックお願いします

ビジネスブログランキング