テキスト:Text

A-LINE株式会社 http://www.aline.jp

ランキング参加中

人気ブログランキングへ

懐かCM

D

語学のテキストについて、語学の先生と共に話し合う。

速読力を養う資料を読みながら、あまりにも単純で無感動の内容に絶句したことがきっかけとなった。

英語による速読の力を身につけるには、どんどん読み進めたくなるようなストーリーである必要があるのではないか?

英語の文章を、語学力に合わせた単語を並べただけのものを読んだとしても、読みたいという意欲の向上までにつながらない。

もっと読みたい、この先はどうなっているのかと思うからこそ、速読の力もつくのだという結論に至る。

参考書、学習書もサービス業意識が求められているとするならば、どの分野でもより「誰のために」「何のために」その仕事が存在するのかを追求する必要がある。

一つの事象から仕事のあり方を考える良い時間であった。

応援クリックお願いします

ビジネスブログランキング