看護師社長物語 Vol.177 ~青年期~

看護師専用SNS サードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美(なかともみ)です♪

ランキング参加中♪

人気ブログランキングへ

白えびとたらこのおにぎり☆

f:id:a-line:20100522095322j:image

(看護師社長物語は連続しており、ノンフィクションですが過去の出来事です)

面接後数日で、それぞれの会社やレストランから結果の電話がかかってきた。

まず1件目の携帯電話販売から。ドキドキして電話に出ると「残念ですが、この度は・・・」

あっさりと不合格。。。

2件目の鮫軟骨の輸出販売会社からの電話は「あれからもう一名、面接を申し込みに来た日本人がいる。ビザの関係でその人になるかもしれないけれど、また定期的に連絡を取れれば・・・」という日本的な不合格通達。。。

焦りと不安は益々強くなるも、とうとう3件目の日本食レストランからも電話がかかってきた。

「ビザの問題をクリアする方法は一つある。調理師か食品衛生管理(そんな感じの名前だった)などの資格をニュージーランドで取得することで、有資格者としてビザを申請しやすくなる!」ということであった。その資格を取れば、ビザのサポートを挑戦してみてくださるというありがたいお話であった。

ただ!ここで問題となるのが期限。。。資格を取得するための試験を受ける時間が残りのビザ保有期間ではない。となると、一旦日本に荷物をまとめて戻り、再度、受験のタイミングなどに合わせて入国しなければならない。。。

チャンスと取るべきなのだろうか?と悩みながら「考えてまたお電話させてください」とレストランの面接官に告げ電話を切った。

応援クリックお願いします♪

ビジネスブログランキング

Tomomi Naka

Tomomi Naka