オリンピックの涙

看護師専用SNS サードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美(なかともみ)です♪

ランキング参加中♪

人気ブログランキングへ

色とりどりのヘルシーおかず☆

f:id:a-line:20100216113228j:image

オリンピック選手の涙を見て、それが悔し涙であれ、嬉し涙であれ、いい仕事だなあと感じてならない。自分の選んだ道を極めることに集中し、より良くするためとは金メダルを目指すことという明確な目標がある。

では他の仕事はどうか?

自分の決めた夢中になれる仕事がある。それはゴールの設定と共有する仲間がいる要素が大切。

看護も毎日同じことなんてない。日々状態や環境は変化するものだ。上手く出来る手術の介助もあれば、もっと術野をみなきゃ!と思うときもある。改善するのはどこか?もっと良くするためにはどうすればいいか?こうして未来をより良くしていくために努力することが結果に繋がる仕事だ。

ゴールを設定し、それに向かって精一杯の能力を発揮する。ゴールを共有する仲間がいることは更にその苦しみや喜びを分かち合うことができる。

チーム医療が重要なのは、患者さんにとってだけではない。オリンピック選手も一人だけではゴールを目指せない。あの選手の涙は自分の努力に対してだけではなく、関わってくれた多くの人の思いや表情が浮かぶから出る涙ではないだろうか。

チーム医療を促進させていくことによって、ゴールをチームで共有する。多くの現場でこれを実現させていけたら医療は大きく変わる。

応援クリックお願いします♪

ビジネスブログランキング