成長発達段階で

看護師専用SNS サードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美(なかともみ)です♪

ランキング参加中♪

人気ブログランキングへ

完璧な組み合わせの代表格ラーメン餃子☆

f:id:a-line:20091201180806j:image

親に感謝するポイントは沢山あるが、その中のひとつに「現実は受け入れるが、可能な限りの目標は持ち続ける」能力を鍛えてくれたことがある

色々なことに興味があった子供時代。好きなことや興味があることは、かなりの確立で自由にさせてもらった。スケートが好きだと言うと、毎年白いフィギュアスケートの靴を新調してくれた。週末は一人で品川や横浜のスケートリンクに出かけられた。

小学校6年生になり同級生がフィギュアスケートのスクールに通うことになった。一緒に滑りにいくととても上手い。既に1回転のジャンプなんかも出来るようになっている。

これは!と思い、親に交渉するもあえなくこのスクールに通うことは却下される。将来の展望、資質、開始しようとしている時期、どうなりたいのか、続けた先にかかる経費、など子供だからと言って曖昧な説明ではなく、きちんと話をしてくれた。もちろん少し抵抗はしたものの、現実的に納得いく内容であったこともあり現実を受け入れる。

このことで、親を恨んだり、社会を恨んだり、不幸を感じたりすることなど全く無かった。現実的に効果や環境や資質や時期ということはものごとを開始する時に必ず考えなければならないポイントだからだ。私はこういう経験を沢山している。

大人になっていきなり壁にぶち当たると辛さも倍増だが、成長発達段階でこうした訓練を積んでいくと簡単にものごとを諦めない意欲と必要な時は諦める潔さが身につくようだ。成長発達段階で学ぶべきことはたくさんある。

応援クリックお願いします♪

ビジネスブログランキング