企業内バランス

看護師専用SNS サードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美(なかともみ)です♪

ランキング参加中♪

人気ブログランキングへ 

具だくさんの冷やし中華☆

f:id:a-line:20081212115720j:image

とても人当たりがよく、仕事も頼み易い担当者が続けて辞めてしまうということがあった。自我を出す人は、無理せずにありのままの自分を周囲に認めて欲しい、分かって欲しいという対応をし、その組織内での自分の居心地の良さや居場所を確立する傾向にある。ということは長くそこに居たいから場所を確立する必要があるのだ。

一方、自我を出さずに周囲の状況にあわせた対応をする人は、その組織に対する居心地よりも人生全体における居場所を求めているため転職をしたり、引き抜かれたりするため、組織における定着率は前者よりも低いか、その職場でなければ駄目だという帰属意識が低め。(エビデンスはないが関る方の割合)

さて、企業や組織にとってありがたい存在はどちらであろうか。帰属意識や忠誠心も高く、周囲との調和を重んじ自我を出しすぎることなく会社の不利益になりそうなことでは、きちんと自我を出し会社を守る。これは経営者にとっては理想かもしれないが、こういった方ばかりで企業が存在しているということは少ないように見受けられる。

両者に長所がある。短所は出来る限り強調しないよう、両者の長所を引き伸ばすマネジメント力を発揮することで、企業内バランスは保たれていくのであろう。これは以前の日本企業と外資系企業の融合型マネジメント。

余剰人員は企業の直接利益には必要ない仕事を作り出し、忙しさを強調してしまうが、これが可能だった時代は終焉を迎えようとしている。今こそ企業内バランスを見直す時期なのだろう。

看護師と共に世界中の人を健康にする。中友美への応援クリック宜しくお願いします♪

ビジネスブログランキング

起業家ブログ

【今月のお勧め商品】

携帯サイズパルスオキシメーターオキシハート

(税込38,640円・送料無料・代引手数料無料)

f:id:a-line:20081010141215j:image

商品希望はお問い合わせより

http://www.aline.jp/contents/inquiry/index.html