看護師になる方法

看護師の品格が上がるSNS サードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美(なかともみ)です♪

ランキング参加中♪

人気ブログランキングへ

さくさくのエビフライとホタテクリームコロッケ☆

f:id:a-line:20080728132412j:image

医師の教育はとてもシンプルだ。医学部のある大学に入学し6年間の教育を受ける。看護師はその過程にしても、資格取得のための教育機関にしてもとても多様だ。ただたんに多様化しているというと、柔軟性があって良い様にも思うが「誰の都合」でこのような教育システムになったのか?と考えると疑問が残る。

まず、受験資格は中学卒業からある准看護師の資格。中学を卒業して准看護師養成の学校へ進学し2年間の教育後、資格試験を受ける。進学コースに通って(昼2年か夜3年)国家試験を受験。という道もある。

高校を卒業しても看護専門学校、看護系短大、大学など様々な教育機関で同様の国家資格受験資格を得ることが出来る。また、高校の中に衛生看護科を持っている学校もある。

これが日本だけのことかと思えば、アメリカも複雑な看護師免許取得システムを持つ。短い期間の教育で、とにかく勤務させてしまう。充分な知識や技術がないまま、安く安易な労働力を養成する。こうした背景が見え隠れすることがとても残念でならない。

看護師の抱える問題は、こうした教育過程から始まっている。すなわち、これを決めた制度からして、国民の健康を守るにふさわしいものに変化していく時期なのではないだろうか。

頑張る看護師を守る!中友美への応援クリック宜しくお願いします♪

ビジネスブログランキング

起業家ブログ