業界用語と方言

看護師の品格が上がるSNS サードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美(なかともみ)です♪

ランキング参加中♪

人気ブログランキングへ

満腹の天ざるセット☆

f:id:a-line:20080708123935j:image

どの業界もそれぞれ「業界用語」があり、地域により方言がある。これは一つの意味として「他者との区別」があるようだ。共通の文脈や言葉が理解できることによって「仲間である」ことを人はより理解しやすい。方言は元々、日本がいくつもの国に分かれていた時代から「よそ者」を判別するためにも有効であった。

医療も医療用語がある。私は様々な業界の方と話しをする機会があるので、この言葉の妙を感じることが多い。こうして、自分の地域、自分の業界と「他」を分けて考えることは悪い事でもない。むしろ仲間意識の醸成になったり、そうでない方には詳しく説明するきっかけになったり良いものとして活用できる。

ただ、時折思うのは、数名集ったときに「同業や同郷でない人」が入っても業界用語や方言だけで話しをするのは、自分達はあなたを(同業や同郷でない人)受け入れていないということにも受け取れるので気をつけなければ!と思う。多分、意識してそうしているのではなくても受けては感じ取る気持ちのようだ。

医療用語は特に対応するのが一般の患者さんや家族の方なので、医療職同士で話をするように会話をしてしまうと、患者さんにはきちんと伝わらないことが多い。特に「内服、食間、坐薬」など字で書けば分かるようなことも、音声だけだと「?」と思うようなこともあるようだ。業界の常識が一般の常識ではないこと、知らぬまに疎外感を与えていることもあることを、それぞれの業界は「伝わっているのかな?」ということを注意しながら会話を進めていくことが大切なコミュニケーションの一つだと思う。私も知らずに医療用語を使っていることがあるので気をつけよう!

頑張る看護師を守る!中友美への応援クリック宜しくお願いします♪

ビジネスブログランキング

起業家ブログ