看護師社長物語 Vol.119 ~青年期~

看護師の品格が上がるSNS サードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美(なかともみ)です♪

ランキング参加中♪

人気ブログランキングへ

自由が丘グリルのふわふわカニクリーミーコロッケ☆

f:id:a-line:20080527121210j:image

再度、人事部に呼ばれたのはそれから数週間後のことだった。勤務するにあたっての注意点や諸手続きなどの説明を受けたのだが、私にとっては大切な一人暮らしの許可の話が出てこない。そこで話も終りそうになったところで確認すると、なんと!様々なことを考慮していただき、一人暮らしを許可してもらえると答えが出た。さらに家賃補給金まで申請できるとのこと。

これで安心。

その話を聞いてから、ようやく勤務をするんだという実感がわいてきた。入職前からいろいろなことを受け入れてもらえた感謝の気持ちで「ここで頑張ろう」と思いながら東京駅を後にした。

それからというもの、職場に3月一杯で退職することを伝えたり、引越し先を探したりと大忙しの日々が続いた。というのも、手術室ではこの当時、とても深刻な看護師不足でオンコール(ポケベルを持って、緊急手術の時は呼び出される)の看護師を2人体制にすると、月の半分以上は私がその担当になっているという状況だったからである。

それまでは、病院の寮として借り上げてもらっていたアパートに住んでいたので、引越し先を探しに不動産屋さんや、各種広告などからなんとか条件に見合ったものを探した。この当時のこだわりは「勤務先に30分以内・新築・トイレと風呂は別」というものでかなり苦戦した。ようやく見つけた物件の説明を聞くために仲介会社のある池袋へ向かった。

頑張る看護師を守る!中友美への応援クリック宜しくお願いします♪

ビジネスブログランキング

起業家ブログ