インドネシア人看護師受け入れに向けて

看護師の品格が上がるSNS サードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美(なかともみ)です♪

ランキング参加中♪

人気ブログランキングへ

彩り豊か☆

f:id:a-line:20080522123547j:image

いよいよ、インドネシア人看護師の受け入れに対する枠組みが(社)国際厚生事業団(JICWELS)より発表になりました。今後の諸手続きのスケジュールは受け入れ希望機関(病院)の応募受付が平成20年5月19日~6月1日まで。その後、受け入れ希望期間の審査、選考が開始になります。

JICWELSとの受け入れ支援契約の締結は平成20年7月17日~7月25日ですので、応募開始から約2ヶ月の間には締結まで完了するということになります。本年は200名のインドネシア人看護師を受け入れる予定になっています。今回は労働力の確保という観点ではなく、あくまでも日本とインドネシア経済連携協定(EPA)で合意された内容ですので繊細な取り決めになっているという印象です。

受け入れ機関の要件の一部内容をあげてみます。

☆原則として、看護学生の臨地実習に係る実習指導者が配置されていること。

☆看護の組織部門が明確に定められていること。

☆看護基準が、使用しやすいように配慮し作成され、常時活用されていること及び看護手順が作成され、評価され、かつ、見直されていること。

☆看護に関する諸記録が適正に行われていること。

などであります。(あくまでも一部)

インドネシア政府は、インドネシア人看護師候補がインドネシアにおける看護師資格を有し、2年以上の実務経験を有することに関連して、インドネシア人看護師候補者の給料を「月20万円以上」と希望しているとのことです。もちろん、政府の希望ですから、受け入れ希望施設の賃金が基本となるようです。

受け入れ側の病院が懸念している点として、半年の日本語教育、滞在費、交通費等を全て負担した後のこと。日本の看護師国家資格を取得した後は原則、どの病院に就職してもよい。ということになっているので、費用負担をして看護助手として病院で勤務してもらいながら日本語と国家試験の勉強をしてもらっても、国家試験を合格し、看護師免許が取得出来たら他の病院を希望されてしまうリスクがある…ということのようです。

看護界においても歴史的な第一歩となる、今回のインドネシア看護師の受け入れ開始。ポジティブに受け入れていきことで吸収できることが多いと感じています。

頑張る看護師を守る!中友美への応援クリック宜しくお願いします♪

ビジネスブログランキング

起業家ブログ

Tomomi Naka

Tomomi Naka

5 Comments

  1. せめてインドネシア人の方々に来日していただき、事前に受け入れ施設を見学していただき、一旦、帰国し、家族と相談の上、マッチングに応じてほしいと思います。日本には、「働くに値しない」施設も多くあり、陰湿ないじめ体質がはびこっているところもあるのが現状です。日本人と違って、来日後の転職はできません。なんと職場が合わないと「帰国!」です。JICWELSは、受け入れ施設名をマッチング時に教えてくれません。なんと、自分の希望施設でないところでも、3年間も法的拘束力のある雇用契約書に縛られるのです。企業名の無い求人広告に応募させるので、インドネシアのみなさん、団結して、情報操作の犠牲にならないよう気をつけてください。また受け入れ施設の責任者は、インドネシア語のホームページで施設、寮の画像、映像、その他施設の特徴や支援制度をJICWELSを通さずに発信し、インドネシア就労希望者やその家族に安心して来てもらえる環境を整えてもらえるよう希望します。

  2. >bonu
    確かにインドネシアの方々が日本に来た事をポジティブな感情でいられるように配慮していく必要がありますね。日本人であっても看護師は環境にとても差があり、弱いものが泣きをみるような場面も見受けられます。看護師同士でこの辺りも気をつけながらきちんとした受け入れ体制が整えていけるといいですね。

  3. 私と家内と話していました。
    私の家内は19年間インドネシアで暮らしていました。
    勿論、インドネシア語は堪能です。
    家内はケアマネですし、また介護の教育担当の資格も有しています。
    ですから、インドネシアの人達が介護の資格を取得するまでの日常
    のお手伝いや資格取得の教育など何かお手伝いが出来ないものかと
    話し合っていました。
    主にはインドネシアの人達に「不安」を除くお手伝いが出来ればと
    考えています。
    でも、この私たちの微力ながらの支援希望を何処に申し出れば善い
    のかも私たち夫婦は解らないでいます。
    もし、お役に立てるならメールへご意見を戴きたくお願いします。

  4. ありがとうございます。
    来年に向けての受験前なら不安も大きいかも知れませんね、、、。
    国際包括の方へ聞いてみましょうかねえ、有難う御座いました。

  5. >W.RONさん
    なれない環境や言葉の壁は確実にあるでしょうね。せっかく来ていただいた方々が日本で目標を達成できるためにも、多くの方のサポートが必要になってくるんだと思います。私も何が出来るか考えている最中ですのでコメントいただけてさらに意欲がわきました。ありがとうございました。

Comments are closed.