看護師の収入

看護師の品格が上がるSNS サードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美(なかともみ)です♪

ランキング参加中♪

人気ブログランキングへ

塩味でさっぱりした、まぐろとからすみのパスタ☆

f:id:a-line:20080515203346j:image

様々な媒体の調査をしていると、仕事による給料の差がどんどん生まれてきているなと実感する。この仕事が何故この給料?と感じることも多々ある。就職情報誌などに掲載されている時給などをみると、ともて不安に思う。

看護師は教育を受け、国家資格を取得し、日々緊張感の中で人の命と向き合った仕事をしていると思っているが、実際に他職種との時給の差があまりにも少ない。医療における問題は医療費の中で医療職の給料も分配されるため、どうしても上限があり景気によって変動する一般企業とは異なった給料のシステムなのだ。

どの職業も重要な責任はある。ただ、看護師のように日常的に人の生死に関わる中での緊張状態や知識を有する仕事において、給料があまりにも低いとなると、高齢化社会の中で需要ばかりが高まり、なり手が更に減少するということにならないとも言い切れない。

例をあげると、以前は勤務しながら介護系の資格を取得するという人が多かった。しかし、介護系の資格があまりにも将来性や給料が低いことに不安を感じた人達が増加し、今ではヘルパーの資格を取得したり、介護系に就職したいと希望する人が減少しているという話を退職者支援をしている方から伺った。

地域によって、時給は違うがテレアポや事務の派遣が1,800円であるのに対し、その付近に掲載されている看護師の時給が1,500円~1,700円ということに、危機感を感じずにはいられない。

超高齢化社会は、病院だけではなく、地域にも看護師が今以上に必要となる。看護師不足を解消することは、収入の増加だけではないが、なり手が少なくなるような要素は可能な限り解決していく必要性を感じている。

頑張る看護師を守る!中友美への応援クリック宜しくお願いします♪

ビジネスブログランキング

起業家ブログ