失敗なんて当たり前

看護師の品格が上がるSNS サードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美(なかともみ)です♪

ランキング参加中♪

人気ブログランキングへ

とろける甘エビ☆

f:id:a-line:20080515195425j:image

何かを上手くなりたい!と思ったら、繰り返し行ったり、失敗を恐れずに何度も挑戦することが重要だ。多分、こうしたことは頭では分かっている人が殆どだろう。では何故出来ないのか?

やはり、失敗すれば、人は落込んだり、他の人の目が気になったり、気持ちを復帰するまでに時間がかかってしまうので、出来たらこうした思いをしないで生きて生きたいという気持ちが強すぎてしまうように思う。

特に、看護など医療に関しては失敗はとても危険なことが多い。それであれば、失敗できる場、とくに技術に関しては繰り返しの練習が出来る場を設定しなければ、不安ばかりが先にたち、いつまでたっても苦手なことを克服出来ない。失敗が当たり前だと分かっていれば、技術の反復を教育の中に取り入れることは自然なことだ。

それを、充分な技術習得のチャンスもなく、勤務したら「失敗は絶対に許されない」という重圧の環境に身をおかねばならないというのは、何とも厳しい。看護師不足はとても危険だ。人がいないから、充分な研修期間がなく実践を余儀なくされてしまう。不安を抱えながら、少ない人数で看護を行うということは誰にとっても不幸なことだ。患者さんにとって、安全で安心出来る医療を提供することが出来ないような医療はやはり問題なのだ。

人は反復なく上達することなどない、失敗も当たり前にある。だからこそ、訓練する時間や環境を医療に充分取り入れることを考えていかなければ!

頑張る看護師を守る!中友美への応援クリック宜しくお願いします♪

ビジネスブログランキング

起業家ブログ