娯楽の加減

看護師の品格が上がるSNS サードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美(なかともみ)です♪

ランキング参加中♪

人気ブログランキングへ

唐辛子たっぷりのから揚げ☆

f:id:a-line:20080510213308j:image

今の日本は娯楽に溢れている。街を歩けば銀座のど真ん中にもパチンコ屋さんが乱立し、ゲーム、映画、テレビ、漫画など現実逃避をするにはことかかない。もちろん、日常から気持ちを切り替える意味でも、娯楽は必要な部分も多大にある。

しかし、ややもすると「娯楽が全て」になりかねないな…とやや不安に感じる瞬間がある。何のために働くのか?どのような人生を生きていきたいのか?世界の情勢はどうなっているのか?日本はどの方向に向かっているのか?

直ぐに答えが出ないようなことを、じっくり考える時間まで「逃避のための娯楽」に奪われてしまっている人も多いのではないだろうか。アメリカのCNN,イギリスのBBCのようなニュース専用チャンネルが日本にないことも先進国として問題視している人はどれほどいるのだろうか。

シンガポールでテレビを観ていたときに、日本のガソリン税のニュースを放送していて驚いた。日本のニュースで他国の税金の問題までどれほど取り上げているだろうか。情報は溢れているといわれながら、率先して取得する意欲がなければ実際にはテレビ局、新聞社などが選んだ情報しか容易には取得出来ない。

娯楽は豊かさの象徴でもある。しかし、加減は自己の決断に委ねられている。日常のストレスや疲れから眼をそむけるために娯楽に依存してしまわないよう、何か対策があればいいのだけれど。

頑張る看護師を守る!中友美への応援クリック宜しくお願いします♪

ビジネスブログランキング

起業家ブログ