先生はエライっ!

看護師の品格が上がるSNS サードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美(なかともみ)です♪

ランキング参加中♪

人気ブログランキングへ

おそば屋さんで食べる天ぷらも美味☆

f:id:a-line:20080414201541j:image

週末、日テレで放送されていたテレビドラマ。『先生はエライっ!」はコーチングやファシリテーションの概念を充分に組み込んだドラマであった。設定は中学校の学生生活における生徒の変化なのであるが、見事に伝え手の意図がきちんと入っているなと感じた。

学園ものだと若者中心、コーチングなどだとビジネスマン中心の内容となりがちだが、どの世代にも「何か」が残る内容になっていたと思う。出来ない、分からない、相手が悪いという発想から主体を変えることで世界は一変する。

教え方が悪いから勉強が出来ないわけでも、営業先が理不尽だからビジネスが進まないわけでもない。そう思わせてくれるこのドラマは看護師にも観てもらいたい!と強く思った。看護師は日常的に人の生命にかかわり、体力的にも精神的にもタフさが求められている。今では訴訟リスクなども増え、もっと患者さんのために動きたいと思っても身を守らざるおえない状況も否めない。

そんな中で、思ったような看護が出来ないことで悩み、頑張れば頑張るほど行き詰る看護師もいる。でも、本当は誰かのために何かしたいという「看護師の思い」はとても尊く、素晴らしい心なのだ。そう、だからこそ、いいたい。「看護師はエライっ!」

患者さん自身が病気と向き合い、病状を理解し、積極的に治療に参加してくれることは理想だが現実はまだまだ難しい。何故なら主体を移すことが出来るのは自分だけだから。それでも日常的にかかわり、話しかけ、見守る看護師。いつか患者さん自身が気付いてくれる日を願ってコミットし続ける。

また、看護師自身も日常的な問題を他者へ転換するのではなく、主体性を持って問題解決に向けて取り組んでいくことが出来ればダブルで素晴らしいことだ。ドラマも伝えてと受けての気持ちがピッタリと重なると素晴らしい効用があるんだな。

頑張る看護師を守る!中友美への応援クリック宜しくお願いします♪

ビジネスブログランキング

起業家ブログ