後期高齢者医療制度スタート

看護師の品格が上がるSNS サードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美(なかともみ)です♪

ランキング参加中♪

人気ブログランキングへ

ピリッと辛いサルサソースが決め手☆

f:id:a-line:20080331205036j:image

本日より、75歳以上の後期高齢者が加入する公的医療保険制度がスタートした。保険料は原則として加入者全員から徴収する。各都道府県によって、徴収される金額はことなり東京や神奈川で月額7000円台とのこと。ニュースでは後期高齢者にあたる75歳以上の方にインタビューし、「この医療制度をどう思いますか?」というような質問をしていた。

年金生活を送る高齢者からすれば、医療、介護両面の保険料だけでもかなり負担になっている。「年を取ったら病院にも行くなということか」「75歳が国の決めた寿命なのか」という声を聞くたびに、最も弱い立場である高齢者だけに負担を押し付けているように思えてならない。

これは、政府が決めたというだけの問題ではない。他人に対して、自分が直面していない問題に対しての「無関心層」が作り上げた制度でもある。高齢者にならなければ、また医療を受ける立場にならなければ考えなくていい問題ではなく、若くても日本の未来の国づくりに参加するという意識を持つことが出来たなら、改善していくことは可能なのだ。

現時点で、人は肉体というハードウェアをメンテナンスするためにも、医療はかかせない。健康な国づくりには、そこに住む国民の健康を維持していく必要がある。とするならば、国民もまた、医療に対して更なる関心を向けていく必要があるのではないだろうか。国民の同意があれば更に医療に力をいれ、安心して健康を維持出来る国になるのだから。

頑張る看護師を守る!中友美への応援クリック宜しくお願いします♪

ビジネスブログランキング

起業家ブログ