表現出来るということ

看護界を変えるSNSサードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/ を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美(なかともみ)です♪

お刺身の盛り合わせ☆

f:id:a-line:20071207194739j:image

自分だけが何かの問題に気付いたというようなことはない。どの時代でも、どの分野でも、似たようなことを考えている人は存在するものである。しかし、多くの人は意見を表明することに対して戸惑いがあったり、制約があるので、思いを表現しきれずにいるだけなようにも思える。

出会って、話をすれば大抵思いは共通なことも多い。

そう。表現出来るポジションにいるということがいかに恵まれているのか、出来ないから考えていないということではないのだ。

確かに私が自由に表現出来るようになったのは会社を作ってからだ。それまでは所属している企業や病院などの制限があり、街頭インタビューに答えるだけでも、かなり厄介な制約があった。

看護師を取り巻く環境は、様々な制約条件がつけられている。医師や上司の目が光っていれば、言いたくてもいえない。行動したくても出来ない。何故なら自分の生活を守ること、現状を維持していくことがまず最も重要なことだから。

情報制限も行われていることがある。企業に勤務していた頃も、医師や事務職はインターネットを使用した外部サイトへのアクセスが可能だったが、看護師にはその権利はなかった。これも不思議だがよくあることだ。

自立したくても出来ない現状がまだ多く存在し、こうした問題を発言出来る人間からまず事実を伝えていきたいと感じている。

読んだらクリックしてねん♪

看護師ブログランキング

起業家ブログ