看護界の格差

看護界を変えるSNSサードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/ を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美(なかともみ)です♪

焼き魚&山かけ定食ー☆

f:id:a-line:20071130131209j:image

派遣を含めるといくつもの病院で働く機会があった。そこで感じたことは、病院によってこれほどまでに労働環境が違うのか…ということ。看護業務が大きく違うのではない。ただ勤務する環境があまりにも違うのだ。

ある病院では、当たり前のようなルールでも、他の病院では通じないということもある。手袋をする病院、しない病院。同じ業務でも看護師が行う病院、薬剤師が行う病院。人数が充足している病院、圧倒的に看護師が少ない病院。

休日にしても、労働時間にしても、ここまで差があるのか…と愕然としたことがある。しかし、患者さんはいるので、途中で業務をやめて帰るわけにはいかないのだ!という気持ちに当然のように勤務を継続する。

しかし、これってやはりおかしいはず。

看護師は患者さんに最善の「安全」も提供しなければ。疲弊した看護師が本当の意味で「安全」を提供することは不可能だ。精神論にも限界がある。

そう。看護師の労働環境を正常に保つということは、患者さんの安全を守ることとイコールである。看護師に正常な労働環境を与えてもらいたい。格差を無くすことは当然だ。何故なら患者さんの命は皆平等なはずだから。

読んだらクリックしてねん♪

看護師ブログランキング

起業家ブログ