目まぐるしい環境の変化

看護界を変えるSNSサードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/ を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

美味しい弁当☆

f:id:a-line:20070613121142j:image

どこに所属するか、どのような環境に身を置くかによって、関わる人の関係で、話す言葉や必要な知識が大きく異なる。そういう意味では、常に変化する私の環境は、新たなる知識を常に必要となる。

銀行勤務中に、夜学の大学に入ったときは、音楽研究会に入っていたため、音楽の話題がメイン。機材について、曲について、ドラムについて、などなどどれも熱く話しをした。

ニュージーランドでは使用する言語まで変わり、国まで違う人達と話しをしていた。そこで日本に戻ってからは更に落ち着かない生活。

医療関係者とは医療について、ツアーナースの仕事をはじめてからは、旅行会社の方、小学校・中学校・高校の先生方とのコミュニケーションが必要となったので、その業界用語を覚えた。

その後のビジネススクールでは、ビジネス用語や、これまた聞きなれない分野の言葉を習得。起業を決意してからも、定款だの法務局だの、どれも知らない世界。ベンチャーキャピタルや、コンサルティングの方と話しをする刺激。

そして今は日本看護連盟の中で、役員としての活動をするため、またまた分からない選挙などについて学ぶ(映画までみてきました)どこの場所が良いとか、悪いとかということは無いが、確実にやりたいことには近づいてくる…

幅広い知識はその分野に入りこまなければ、習得が難しい。常に覚えることも、勉強することも続いて行わなければ、直ぐに使えない知識となる。今は目まぐるしい変化の中にいるため習得することも多い分、日々が刺激的で面白いなーと思っている♪