看護師社長物語 Vol.71 ~青年期~

看護界を変えるSNSサードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/ を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

こぼれるーーーーー☆

f:id:a-line:20070612113255j:image

高校の担任から呆れられながらも、たった数分の面接で就職先を決めてしまった私は、高校卒業してからは寮に入ることになった。この寮が今から思えば相当凄い!

部屋は3畳、鉄枠の窓、ふすまもカーテンもない2段の押入れ、トイレ共同、電話は1Fに1台のみ、キッチン共同、お風呂共同、洗濯機共同!しかもお風呂は22時までだが、遅い時間に入るとお湯が出ない…電気温水器だったんだな。

キッチンもちょー狭い。昭和の香りがする生活♪

キッチン用具は基本部屋に置く。部屋の鍵は在室時はつけっぱなしにするというルール。いろんなことが初体験であったのだが、18歳という若さと、同期の仲間が数名いたので、人生で最大に楽しい寮生活になる。

しかし、この頃はまだまだ子供。引越しを両親にしてもらい、部屋を片付けたあとで、親から封筒を渡された。

なんだ?

と思うと、中にはお金が入っている。何で?と思うと

「当面の生活費だよ」

とのこと!そこで初めて気付いた!そーか!働くと言っても給料が入るのは1ヵ月もあとなんだーと!(あほやな)

まーとにかく狭いこの部屋が、私の一人暮らしだい一歩になったのです☆