病院の怠慢

看護界を変えるSNSサードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

スリランカフェスティバルでスリランカライオンビールを一杯☆

f:id:a-line:20070526160646j:image

看護師不足だと言われているのは、今に始まったことではない。新聞やテレビでも昨年の診療報酬改定後からかなり「看護師確保に病院がのりだしている」というようなことを言われるようになった。

確かに、診療報酬と看護師人員が直接影響を及ぼすようになったため、病院も確かに今まで以上には真剣に看護師を獲得しようとしているようにも思える。

しかし

現状はどうだろうか?病院は結局、正職員を欲しがるのみで、様々な勤務形態に対応しようとして居る所も、私が連絡を取っている限りではまだまだ少ない。プラス、紹介予定派遣の制度が病院でも許可になって既に2年以上経過しているにも関わらず、未だに知らない病院も多い。

看護師側の都合より、まだまだ病院側の都合を優先させている。むしろ、積極的に看護師確保をしていると言っても、病院側のルールにあった形でのみ採用したいというところが多すぎる。

これでも病院は回る。現在、現場で勤務している看護師が必死に人手不足を補うため、残業、休み返上、勤務希望の放棄、有給の放棄などなど病院側の怠慢にも文句を言わず、現場を(患者さん)を守るために必死に勤務しているから。

病院側は看護師に「なかな人が集まらない」とだけ言っておけば、現在のメンバーが身を粉にして頑張ってくれるのだ。積極的に新しい勤務体系など考える必要もない。看護師が集まらないと思えば、病棟閉鎖をしてしまえばいいだけだ。

派遣、紹介を行っている中で見えてくる「病院の怠慢」にうんざりしつつも、現場の看護師が定着するわけない!と葛藤する日々…

頑張っている看護師が報われるように。いつかきちんと勤務希望が100%通るように。何とか考えて、きちんと対応してもらえる病院を一つでもリストに増やしていきたい。

Tomomi Naka

Tomomi Naka