紹介・派遣免許取得から1年経過して

看護界を変えるSNSサードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社(エーライン)http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

食欲の無い本日の昼食。バナナミルクとサンドウィッチ♪

f:id:a-line:20070523135136j:image

人材派遣、人材紹介の免許を取得して、もうすぐ1年になる。この1年にいろいろな病院、施設と対応してきた。そこで分かってきたことがある。看護師が現場に馴染まず辞めてしまうということも問題ではあるが、どうも看護師に選択されない病院というのも特徴があるなーと。

看護師を必要としているのは、どの病院でも同じ。しかし、募集を見て面接しても結果として看護師に選ばれないというのは理由があることを分かってもらうのはかなり厳しい。

まずは現実から目をそむけ、紹介会社のせいにするところもあるほどだ。

もちろん、病院のブランド力を上げる努力をしているところばかりではない。とにかく旧式で、慣例にのっとった事務手続きしか出来ないところも多い。昔なら、看護師もそれほどいくつもの病院に面接には行かなかったかもしれないが、今の時代、メールで応募したり、ホームページで事前にチェックしたり、情報入手が容易になっていることには違いない。

時代は確実に変化、進化しているのに、その変化についてくることが出来ない病院が多すぎるのだ。今は違うと唱えて回っても、それほど効果がない。

「うちのやり方」

と決算経路も変えようとしない。そんな病院にはやはり看護師は集まらない。当然だけど。

集まらない理由を、他の病院のせいやら、紹介会社のせいやら、新人看護師の気合のせいやら、とにかく全て外部を悪者にして自らの生存意義を見出すって全く意味が無いのに…まー生存していけない病院がもっと明確になるのももうじきだ。

Tomomi Naka

Tomomi Naka