看護師社長物語 Vol.57 ~青年期~

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

小学生の頃に通っていたそろばん教室。結局脱走やら、休むことばかり考えていたせいか?珠算4級までしか取得出来ていなかった。商業高校では選択科目等を含めても様々な実務的な授業があり、珠算も授業の中にあったので(今の時代には珠算の授業なんて無いんだろうな…)過去に決別したはずのそろばんを再度握りしめることになる。

しかし、不思議なもので、高校生になった私は珠算がそれほど嫌ではない。応用問題などに至っては楽しい♪とさえ感じる始末。私の友人でそろばんの達人がいたお陰もあって、高校に入ってからは珠算2級もなんなく取得!小学生の時の何年間はなんだったんだろう?(笑)もったいなかったなーとも思うけど、多分あの期間がなければ、あっさり珠算検定は受かっていなかったに違いない!(っとあくまでもポジティブ)

商業高校の良い所は、受験する気持ちにさえなれば、いろいろな検定の受験が出来るということであった。その当時は和文タイプ、英文タイプ(タイプライターの早撃ち検定のようなもの)などもあったり私は受験しなかったが、資格を取りたい人にはとても有意義な学生生活だ。

結局私が取得したのは、情報処理3級、珠算2級、英検3級、簿記2級、書道3級というくらい。簿記は友人が試験前に個別特訓をしてくれたお陰。家に来て、一晩中教えてくれるという何ともありがたい友人の熱意によって取得出来た!

もっと取得しようと思ったらいろんな試験を受けられたので、今となってはもったいなかったなーとも思うけど、まー高校2年の数ヶ月は自動二輪大型免許取得に全力を注いだので、時間がなかったようにも思ったり…(このことについてはそのうち日記にしよう)

しかし、高校時代に取得した資格にその後も助けられる場面が何度かあったので、高校生といえども将来何の役に立つとかたたないなんて思わずに、時間のあるうちに取得できる資格を取ったり、知識をつけておくことって案外重要だなーと実感♪