看護師社長物語 Vol.55 ~青年期~

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

高校合格のご褒美を沢山要求していた(笑)

その一つが、九州に住んでいる姉のところへ一人で旅行に行くこと!であった。その当時は東京から新幹線で6時間はかかったな…(のぞみの無い時代だ)まー新幹線が大好きな私としては、長時間の新幹線は全くの苦痛ゼロ。そんなわけで、高校入学前の休みに一人で九州旅行をすることに♪

九州に着いてからは、姉が最大級に甘やかしてくれて(いろんな場面で甘えている)別府温泉への旅行やら、バスツアーやらいろいろな企画を考えてくれていた。私は何も考えずにただついていくだけなのだが、猿山の前でバスツアーの記念撮影をしたときに、バスガイドさんが、姉と私をみて、親子とも姉妹とも友達とも言えない年齢さに戸惑っていた。姉もその対応に若干「姉妹です」のような反応をしていた気がする(笑)

別府温泉では、巨大温泉に興奮し、あっちこっちの温泉に入りまわり、のぼせるんじゃないか?というくらい長時間の温泉三昧であった。

丁度、我々が宿泊した日にそのホテルにて「引田天功ショー」が行われていた♪っと言っても私は若干?

「あんなの手品でしょー」とか

「ネタがあるんだからー」

などと生意気なことを言って、通り過ぎようとしたのだが、姉が「見ていこうよ」と言うので、むしろ「しょうがないなー」なんていう気持ちで、そのショーを見始めた。

そっそれが!!!

ショーに感激!感動!驚き!になったのは、姉よりも私の方で(笑)「すごーーーい!」なんて言いつつ大興奮して部屋に戻るときには

「いやーー面白かったねーーー」

なんていう始末(たいがいいつもこんな感じでタチがわるい)

水槽の中に手錠をかけられて入った引田天功が全然別の場所から出てくるなんて!そりゃー15歳の少女には感動ものだ(だったら初めからそう思えばいいんだけど)

楽しい旅行中、姉が洋服を買ってくれるということになり、一緒にお店に行く。私は基本的に服のセンスなどはゼロなのだが、姉はとてもセンスが良い。絶対に自分では選ばないような服や、雑誌から飛び出てきたような服を選んでくれる。そこで、姉の着せ替え人形のように大人しくしていると、あれよあれよという間にオリーブから抜け出たような服装に。

感動。

それを着て、髪型まで整えてもらって最高にハッピーな気持ちに!

楽しい旅行も終わり、別れ際に涙ぐんでくれる姉に笑顔で手を振る。今でもあの時の服装は鮮明に覚えているなー。実に可愛かった(笑)