看護師社長物語 Vol.58 ~青年期~

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

高校2年になってまず行ったこと!自動二輪の免許を取りにいくこと。神奈川その頃のルールで16歳で自動二輪の免許を取る場合自動二輪の小型免許から取得するように!と言われていたので、近所の教習所で小型から取得するため教習所に通い始める。

何がきっかけか…というまででもなく、何となく「バイクの免許が取りたい!」というくらいの軽い気持ち。その頃、

『ベストバイク』(今でもあるのかな?)という雑誌を毎月購入して、漠然とバイクへの憧れを持っていた。みたい。この当時はバイクレースがかなり流行り始めていたころ?で(自分の中ではこの当時がブーム)レーサータイプのバイクや、オフロードなどなどいろいろなタイプのバイクを町でみかけては「乗りたい…」と密かな思いを抱いていた。

そして教習所に行くと小型免許は簡単に取得出来てしまった。続いて中型も同じ教習所で取る事になるのだが、小型の時に既にコースも覚えているし、乗る感覚も分かるため、常に教習生の先頭で走れる(先頭を走るのは結構気持ち良い)し、16歳ということもあり、教習所でも甘やかしてもらえるし、学校とはまた違うタイプの友達も出来るしという楽しいことばかりの時間を過ごす。

教習所で仲良くなった女子の一人は、この時、高校に通っておらず、夜の居酒屋で働いているという話を聞き、環境は違うが何だか気が合って、よく一緒に話したり、待ち時間にお茶を飲んだりしていた。彼女は私の手を見て

「同じ年なのに、手がこんなに綺麗なんていいなー」

と言ったことを未だに覚えている。彼女は水仕事が多いということもあり、確かに手が荒れていたな…

そんな、高校生活だけでは得られない貴重な同年代の友人を作ったり、人生勉強などもさせてもらって教習所での時間はあっという間に終ってしまう。とにかく楽しいし、バイクの運転は向いているんだなーと自分の才能?にほれぼれしながら中型免許を手にしたのだ。

しかし

そんな私の浮かれた姿を見て母親は「これは危険…」と感じたらしく

「どうせバイクに乗るなら自動二輪大型免許まで取ってからにしなさい!」

という何とも変わった?提案をされ、調子にのっている私は「喜んで!」と言わんばかりに次の大型免許に挑むのであった。

がっ…

これが、とんでもなく大変な時間になるとは、この頃まだ知るよしも無い。この当時は教習所では自動二輪大型免許は取得できず、運転免許試験場にての一発試験しかなかったのだ。

自動二輪大型取得の道への話はまた次回♪

医療業界とにかく狭い

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

昨日、初めてお会いした在宅を行っている医師と話していると何人もの共通した知り合いが居ることが分かった。以前から、何だか医療業界って狭いなーと思っていたけれど、今回は特にそれを実感。

相当繋がっている。

そして、自分でも気付かぬ間に、会っていない方にも知ってもらていることが増えていることに驚きと喜びを感じる♪

そう。

なんと言っても狭いこの業界。ネットワークはとても重要。しかし面白いもので、知り合いたい、繋がっていたいと思う人とは自然と共通の知り合いが増えていき、出来ることなら避けたい…と思う人とは上手く距離を持っていける業界だ。

基本的に素晴らしい!と思う人は、どんなに職位が高くても話しを聞いてくれる。真剣に。そして最良のアドバイスや人の紹介をしてくれるのだ。故に私もそれを看護師や関わってくれる人にも返したいと思う。

で、この方々に共通していること。

感性がとても豊か。行動力抜群。真剣なアドバイスをしてくれるが深追いしない。輪を広げようとしてくれる。

カッコイイ!

自分もこんな風になりたい!と思う。

さて、この狭い医療業界で今後もネットワークを広げていければ、いつか全ての糸が見えるようになるかもしれないなー♪

季節の変化と会社の変化

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

桜並木が今では緑あふれる通りに変化!

f:id:a-line:20070427094720j:image

f:id:a-line:20070427094659j:image

少し前までピンク色に輝く通りが、今では緑色に輝いている。桜の花が散ってしまって寂しい気持ちになったのもつかの間、今度は緑のエネルギー溢れるパワーを桜の木から感じる事が出来る。

会社も変化していくことが必要かなと思う。確信していたものでさえ、業務継続の中で真実が見えてきたのなら、苦しいけれど気持ちを切り替え、新たに前に進まなければならない。変化を拒もうとするのは自分のエゴで、状況を冷静に判断し、本当に必要なことを実践していくのであれば、ミッションは遂行出来ない。

看護の世界を変えていく。

方法論にこだわるより、きちんと分析して着実に進んでいこう♪

看護師社長物語 Vol.57 ~青年期~

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

小学生の頃に通っていたそろばん教室。結局脱走やら、休むことばかり考えていたせいか?珠算4級までしか取得出来ていなかった。商業高校では選択科目等を含めても様々な実務的な授業があり、珠算も授業の中にあったので(今の時代には珠算の授業なんて無いんだろうな…)過去に決別したはずのそろばんを再度握りしめることになる。

しかし、不思議なもので、高校生になった私は珠算がそれほど嫌ではない。応用問題などに至っては楽しい♪とさえ感じる始末。私の友人でそろばんの達人がいたお陰もあって、高校に入ってからは珠算2級もなんなく取得!小学生の時の何年間はなんだったんだろう?(笑)もったいなかったなーとも思うけど、多分あの期間がなければ、あっさり珠算検定は受かっていなかったに違いない!(っとあくまでもポジティブ)

商業高校の良い所は、受験する気持ちにさえなれば、いろいろな検定の受験が出来るということであった。その当時は和文タイプ、英文タイプ(タイプライターの早撃ち検定のようなもの)などもあったり私は受験しなかったが、資格を取りたい人にはとても有意義な学生生活だ。

結局私が取得したのは、情報処理3級、珠算2級、英検3級、簿記2級、書道3級というくらい。簿記は友人が試験前に個別特訓をしてくれたお陰。家に来て、一晩中教えてくれるという何ともありがたい友人の熱意によって取得出来た!

もっと取得しようと思ったらいろんな試験を受けられたので、今となってはもったいなかったなーとも思うけど、まー高校2年の数ヶ月は自動二輪大型免許取得に全力を注いだので、時間がなかったようにも思ったり…(このことについてはそのうち日記にしよう)

しかし、高校時代に取得した資格にその後も助けられる場面が何度かあったので、高校生といえども将来何の役に立つとかたたないなんて思わずに、時間のあるうちに取得できる資格を取ったり、知識をつけておくことって案外重要だなーと実感♪

税務署からの連絡

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

1期目の決算が終了して、全てが受理されホッとしてから既に2ヶ月近くが経過している。しかし細かいルールを把握出来ていたわけではなく、税務署からの連絡があった。

「消費税の申告は創業1年目には提出しなくていいので、取り下げ書を提出してください」

えーーーーーーー

まあ知らなかったのだからしょうがないけど、作成に結構苦労したので若干寂しい気持ち…

こうしてルールを一つずつ覚えているので、相当いい知識がついているのは特典かも♪

在宅看護

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

看護師が医師の指示に基づいたり、ケアマネのプランに沿って家庭に訪問して看護を行うことが「訪問看護」である。しかし現在、雑誌の企画を通じて調査していると在宅看護のあり方は訪問看護とはイコールではないということが分かってきた。

実際に在宅看護の仕事も行うことで見えてきた部分ももちろんあるのだが、今回は医療連携、ケアマネ、在宅医などへの訪問調査により、問題点などがかなり浮き彫りになってきた。本人も家族も安心して病院を離れ、在宅で介護を行うということは相当難しい現状だ。

国の政策では、病床数を減らし、とにかく病院から在宅へという方向だが、現場に関わる医療職それぞれが現実的な問題を沢山抱えているなかで、どのようにして安心して在宅へ移行することが出来るのであろうか。

病院は診療報酬の関係で、在院日数の長い患者を入院させておくことは出来ない。退院させなければ自らの経営の首を絞めることになり苦しんでいる。在宅医は多くの患者に24時間対応する困難さを抱え、訪問看護はプランに沿った訪問しか出来ないジレンマがある。

好きな場所で医療や介護が充分受けられるのであれば、多くの人が在宅を選ぶかもしれない。しかし在宅医の言葉にもあったが「在宅の成功は介護力にかかっている」ということを実感する。核家族化が進む中で家族にばかり「介護力」を求めても在宅は絶対に成功しない。むしろ、家族が何もしなくても在宅で介護が出来るようにならなければ、在宅への本当の意味での移行は無理だと思う。

介護力を家族に求め、家族が疲弊し本人にも負担が及ぶ、それで医療費削減?何だかおかしい。

現在、弊社で行っている在宅看護は保険外であるため、コストがかかる。それでも利用していただけるという現状。今後本当の意味で在宅への移行を行うのであれば、在宅看護の確立が欠かせないと考える。それには看護師に訪問看護ステーションを設立させ、経営までみろ!というスタンスでは無理だ。絶対に。

訪問看護ステーションで努力している看護師も報われ、看護に集中出来るシステムを在宅看護で作らないと。

看護師のエージェント

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

看護師のエージェントというのは、後方支援だけではないと思っている。現場で勤務する看護師の環境を改善する、看護師を直接守る、問題を解決するなど実際には先頭にたって守るという気持ちがなければ出来ない。

看護師の勤務はやはり現場あってこそ。その中で多くの問題を抱えていたり、看護師が勤務し辛いと思ったりしていては、結果としていい看護が提供出来ない。それらを十分理解して、看護師と共に悩み、戦い、守る事。エージェントとしては「看護師のサポート」という後ろから見守るという雰囲気のことだけでは達成出来ないのだ。

まず、現場を理解すること。看護師それぞれのニーズは多様だが、看護師が共通して感じていること、抱えているものは共有出来る。最終的にはそれぞれの看護師の自立を目標としていても、安心して委ねられる場所がなければ人は自立するのが難しい。

そんな、安心して問題を共有出来る場所になること、改善に向けて行動が必要な時は共に行動すること、時には現場で直接支えることをしながら、真の看護師エージェントになるため日々看護師を見つめ続けていきたい♪

看護師社長物語 Vol.56 ~青年期~

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

商業高校はとにかく女子が多い。商業科は6クラス中2クラスだけが男女クラスで、残りは女クラ(女子だけのクラス)なのだ。クラス発表の時に願っていたのは、絶対に男女クラスになること!女クラなんて絶対に面白くないという先入観があったのだ。

クラス発表の日。

1年F組。

女クラ決定!

ガーン。

右も左も教室中が女子だらけ(って当たり前だけど)こんな環境で過ごした事が無かったので、何とも暗い気持ちで高校生活をスタートしたのだった。

そっそれが!1ヶ月もするとあっという間にその環境にも慣れて(若いって素晴らしい)「これもまたいいもんだなー」何て思うようになる。しかし、まさかその後の学生生活が高校、看護学校も含め7年間ほぼ女子だけのクラスで過ごすことになろうとは、この時はまだ知る余地もない…

高校での部活はコンピュータ部!それはまだCOBOLとかBASICの時代のお話(笑)

日経本紙デビュー

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

日経産業新聞にはすでに3回ほどA-LINE株式会社の記事を掲載してもらったが、ついに日経本紙に登場!

取材を受けたのは会社ではなく、英会話スクールの生徒として。すき間時間を利用してスキルアップを行う女性数名を紹介するという企画であった。

とは言うものの、名前と会社名が日経本紙に掲載されるのは初!記念すべき日経デビュー♪

記事は小さくて数行だけだったが、第一段としては大満足!今年中にはA-LINE株式会社のビジネスについての記事が日経本紙に取り上げられるくらい頑張ろー♪

医療福祉機器を企画販売する三茶の女社長

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

本日の女社長へのインタビュー!雑誌とともに一枚パチリ♪

f:id:a-line:20070420122640j:image

いつもお世話になっている女社長!本日のインタビューでは、社長の知らなかった面を沢山みさせていただいた。

会社が成長するために必要なこと。会社の歴史や社長自身の歴史…心に響く言葉がいくつもあった。

この社長の会社

http://www.sea-star.com/

f:id:a-line:20070420163327j:image

これからもどうぞ宜しくお願いします!