MBAホルダー

明治大学大学院グローバルビジネス研究科に行く前は、看護師の会社を作るために、ビジネスのノウハウを勉強しよう!という気持ちがありビジネススクールに入学した。看護師としての経験しか無い自分が、どんなに自分なりのミッションを感じていても、会社を作るということ、ビジネスということが全く分からなければ、失敗すると思ったから。

「看護師だから会社なんて成功しない」

なんて言われたくなかったし、

「ビジネスも知らない人間が!」

なんてことになるのは嫌だったのだ。

ちらほら、看護師は病院に居ればいいとか、看護師らしく看護をしろという声も聞かれたので、看護師が起業して、失敗でもすれば

「やっぱりねー」

なんて思われ、看護師の地位も下がってしまう!と考えたわけである。

そう!

ビジネススクールに通うことは、看護師が起業して失敗しないための投資だったのだ。故に、MBAホルダーを目指していたわけではなく、とにかくノウハウ!などと思っていた。しかし昨日、学校より卒業決定の通知がきたときに感じた事。

あー卒業するんだなー。嬉しい♪

不思議だった。

卒業目的ではなくても、卒業出来ると分かった瞬間とても心が躍ったから。卒業と同時に起業しよう!などと思っていたものの、在学1年を経過する前に起業することになったことや、学生生活当初は毎日、ちんぷんかんぷんなビジネス用語を覚えられるのかなー?何て思っていたことを思い出し、何だか短かった学生生活が突然愛しく思えた。

この学校に通っていなければ、今の私は無い。

どんなに短いと感じる学生生活でも、それは十分に実りある時間だった。

心より感謝している担当教授をはじめ、多くの素晴らしい先生方に出会えたこと、そして同窓生は永遠の宝である。

さて、これで「看護師社長」ではなく「MBA看護師社長」に変更か!(笑)