新人看護師受け入れに向けて

f:id:a-line:20070301123625j:image

本日の風景。

3月になって最初の日がとても空気も澄んでいて、私にとっては心地よいスタートになった。

会社の営業活動を本格的に開始する!と以前より決めていたので、3月はまた忙しくなりそう♪

A-LINE株式会社を認知してもらうとともに、看護師のニーズや現場看護師の声を伝えていくためにも、今月の営業活動はとても重要になる。

f:id:a-line:20070301155501j:image

会社のロゴ。

病院は4月から新人看護師を受け入れる。病院によっては数百名規模での採用であるため、3月はどの病院も最終チェックや寮の手配など大忙し。

しかし!

新人看護師の離職率は年々増加し、今年はとくに大量募集をした病院を中心に夏頃までにはまた、多くの離職者を出すのではないかと懸念されている。病院も採用したら初めから離職者を想定している病院もあるが、これは果たしていかがなものか?

看護師が辞めるという本当の意味を理解している看護部長や経営者も実存する。その人たちと話をしていると非常にスムースにことが運ぶ。今までは理解されなくても、一生懸命説明していこう!と思っていたが、それよりも新しい意見を受け入れながらともに考える病院を探した方が早いということに気付く(今更ですが・・・)

不思議なもので、理解している!大丈夫!という病院は人の話を受け入れるということが難しく、一緒に考えて!という病院は受け入れや対策が比較的上手くいっていながらも、更なる努力を続けているということ。頭が下がります。

新人看護師確保や定着へ向けて、今後更に弊社でも力を入れ、看護師に優しい病院とともにまずは頑張っていきたい!