看護師社長物語 Vol.49 ~青年期~

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

進路を考え出した時、どうしても行きたい高校が見つかった!進研ゼミの付録の?雑誌の中で紹介されていた高校で、創設してまだ新しかった。宝塚北高等学校!ここは公立高校なのだが演劇科というものがあり、演劇論や舞台技術などを学ぶことが出来る。

私はこの学校の記事を読み、どんどん行きたい…という要求が高まり、神奈川に住んでいたのだが、どうしても高校は兵庫に!という気持ちが強くなった。そこで両親に相談。当時、祖母が神戸に住んでいたこともあり、祖母の家から通学するなら可能。という話しにまでなった。通学には片道1時間半ほどかかるのだが、行きたいという気持ちが強い時は何でも出来る。

そこで、まずは学校見学!ということで、中学の担任の先生にお願いし、宝塚北高等学校にアポを取ってもらうことに。そして母とともに学校見学へ宝塚まで行くことになる。学校は山の上にあり、通学はここを使うんだーなど、大変そうというより期待と希望で全てが輝いてみえていた。

学校内部も担当の先生に案内していただくことが出来たので、学校内もくまなくチェック!結果「受験したい」という気持ちは確定(まー元々確定していたんだけど)帰宅後は担任にその旨を告げ、手続きを進めたいのでお願いします!と説明し、受験について様々な調整をしてもらう手はずは済ませた。

とっところが。

この年、何だかこの学校がとても注目を浴びてしまい、テレビのニュースでも紹介されたり一躍有名になってしまったことから、突然、県の内外から問い合わせが殺到し、その前の年まで可能であった他県の生徒の受験が突如不可となったのだ…

呆然。

正直、受験したら落ちるという気がしていなかった(というのも相当危険な自信だけど)ため、申請段階でそのようなことが起るとは全くの予想外。結局、いろいろ問い合わせても、受験時既に兵庫県民1年以上という条件が必須となり、結局受験は断念することに。

1時間半の通学に耐えられるように、毎朝5時半に起きて自転車で多摩川の土手や国道1号線を走る日々を続けていたというのに…(涙)

自分の思いや、能力だけではどうにもならない「制度」の壁を知る。

結局、その後に高校を選ぶといっても「抜け殻」になった私は、家から一番近くて、新校舎1期生になる事が出来、コンピュータや技術が学べる「商業高校」への進学を決意することになる。これまた見学に行ったら、その当時では最新のコンピュータが整備されており「こっちの道に進むか…」と少しの希望を持ち、受験を決意。

今から思えば、学んだことが職業に直結出来る学校へいつも「行きたい!」と思うんだなーと実感♪

ビジネスプラン

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

昨年、起業したての頃に考えていたビジネスプランと、現在のビジネスでは大きく変化している。起業当初は、潜在看護師に研修を行うことで、看護師の掘り起こしが出来る!ということや、職場復帰に不安のある看護師は研修で不安を解消できる!

などと思っていた。

現に、私がそれ以前から行っていた研修に集まってくる看護師は、潜在看護師であり、研修を受けて仕事に復帰したいというニーズがあったから…しかし、そこに大きな落とし穴があったのだと思う。

現在は、あっさり(笑)その当時のプランに甘さがあったことを認め、ビジネスプランを変更することになった。正直、自分の信じていたものを否定するのは辛い部分もあったが、間違えにこだわっていてもビジネスは前進しない!

そう。

気付いたら、直ぐに再度、看護師のニーズを考え抜けばいいだけだ。

やっぱり、自分もプロダクトアウトだったんだなーと反省しつつも、今の段階にいたるには、どの道必要なプロセスだったと思うことも出来る。大きく変化したものの、看護師に笑顔と幸せを提供する!看護師の会社!看護師のエージェント!などというコンセプトは全く変更していない。

看護師に幸せと笑顔を提供し続けること。

簡単なようで案外複雑(笑)しかし今後も時にはプランの変更をしながら全力で進んでいくぞーーー!

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

進路を考え出した時、どうしても行きたい高校が見つかった!進研ゼミの付録の?雑誌の中で紹介されていた高校で、創設してまだ新しかった。宝塚北高等学校!ここは公立高校なのだが演劇科というものがあり、演劇論や舞台技術などを学ぶことが出来る。

私はこの学校の記事を読み、どんどん行きたい…という要求が高まり、神奈川に住んでいたのだが、どうしても高校は兵庫に!という気持ちが強くなった。そこで両親に相談。当時、祖母が神戸に住んでいたこともあり、祖母の家から通学するなら可能。という話しにまでなった。通学には片道1時間半ほどかかるのだが、行きたいという気持ちが強い時は何でも出来る。

そこで、まずは学校見学!ということで、中学の担任の先生にお願いし、宝塚北高等学校にアポを取ってもらうことに。そして母とともに学校見学へ宝塚まで行くことになる。学校は山の上にあり、通学はここを使うんだーなど、大変そうというより期待と希望で全てが輝いてみえていた。

学校内部も担当の先生に案内していただくことが出来たので、学校内もくまなくチェック!結果「受験したい」という気持ちは確定(まー元々確定していたんだけど)帰宅後は担任にその旨を告げ、手続きを進めたいのでお願いします!と説明し、受験について様々な調整をしてもらう手はずは済ませた。

とっところが。

この年、何だかこの学校がとても注目を浴びてしまい、テレビのニュースでも紹介されたり一躍有名になってしまったことから、突然、県の内外から問い合わせが殺到し、その前の年まで可能であった他県の生徒の受験が突如不可となったのだ…

呆然。

正直、受験したら落ちるという気がしていなかった(というのも相当危険な自信だけど)ため、申請段階でそのようなことが起るとは全くの予想外。結局、いろいろ問い合わせても、受験時既に兵庫県民1年以上という条件が必須となり、結局受験は断念することに。

1時間半の通学に耐えられるように、毎朝5時半に起きて自転車で多摩川の土手や国道1号線を走る日々を続けていたというのに…(涙)

自分の思いや、能力だけではどうにもならない「制度」の壁を知る。

結局、その後に高校を選ぶといっても「抜け殻」になった私は、家から一番近くて、新校舎1期生になる事が出来、コンピュータや技術が学べる「商業高校」への進学を決意することになる。これまた見学に行ったら、その当時では最新のコンピュータが整備されており「こっちの道に進むか…」と少しの希望を持ち、受験を決意。

今から思えば、学んだことが職業に直結出来る学校へいつも「行きたい!」と思うんだなーと実感♪

看護師社長物語 Vol.48 ~青年期~

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

美しい♪

f:id:a-line:20070329085433j:image

そして、中学時代もう一つの習い事。コンピューター。

この当時(結構前ですもんね)コンピューター教室に通う人はまずいなかった。近所のビルでコンピューター教室が開講されるということになり、母が見つけてきたのだ。私もこれには相当興味があったため、即通うことに!

大きなマシーンが幾つも並び、私は毎回興奮して授業を受けていた。昔からこの手のことは大好きだったらしい♪もちろんWindowsなども無い時代なので、プログラムを作って、画面上に絵を描くのも一苦労。しかし、新しい時代を感じることが出来て、難しいとは感じなかった。

が…

教室には生徒が3-5名。

いつまでたっても生徒の数は増えない。来ている生徒はとても楽しんでいるのだが、中々人が集まらないのだ。私も友人に話しをしてみたが、この時代に、女子がコンピューターなんて言っても、誰も興味を示さない…

結局、楽しい!と感じていたのも一番初めから興味をもって学習していたメンバーだけで、その後は生徒も増えずに閉講。

あーーー

やっぱり時代がちょっとだけ早いと教室に生徒も集まらないんだな…なんて思っていた中学生時代。

看護師社長物語 Vol.47 ~青年期~

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

いよいよ開花!

f:id:a-line:20070328095326j:image

中学時代の習い事。

ドラムとコンピュータ。本日はドラム教室での思い出。

ドラム教室ではその当時の歌謡曲を発表会ではコピーしたり、クラスでは前半が基礎や教科書通りの練習。後半に好きな曲や先生から推薦される曲をかけながら演奏。楽しい授業ではあったのだが、私の前に習っている生徒はその当時大学生くらいの男性で、とても上手な演奏をしていた。

マンツーマンのレッスンなので、その人が終るまで待って、終ると教室に入るという仕組み。中学生の私からみても、先生が教えていて楽しいだろうなーというのは、その上手な大学生。教室から聞こえてくる演奏を聴くだけで凄くカッコいい!と感じていた。しかし、私も生徒。いくらその人がうまくても私には関係ないのだ。

だが、先生もレッスンで興奮するからか、レッスン時間が始めは2-3分、私のレッスンに押してくることから始まり、最後は10分遅れても終らないこともあった。もちろん、私のレッスンも後にズレるなら問題なかったのだが、私のレッスンはいつもほぼピッタリに終了!というわけで、回数を重ねる毎に不満が募るようになる。

基礎と演奏を繰り返す中で、どうしても叩けなかった曲があり、前に進むことが出来なかったのだが、その日は決めていた。「もし今日も授業が遅く始まったら、絶対に課題曲を上手に叩いて教室を辞めよう!」と。

毎度のごとくレッスンは遅れ、10分遅れで開始。大学生と笑顔で教室を出てくる先生は、謝るわけでもなく、いつものように「じゃーはじめようか」とレッスン開始。こういう時は維持もあるのか?基礎もスムース♪「今日は進むねー」と褒められながら課題曲の練習へ。

あまりの上達に?先生も驚き、完成の日に必ず行う「録音」の儀式も無事終了!自分としても大満足でレッスン終了後に辞めることを告げる。驚く先生。っていうか今まで何時間分ロスしていたと思うんだー!と言ってしまっては大人気ないと思い「ありがとうございました」とその場を去る。

子供だからと40分の授業を毎度30分にされたら、いくらなんでも続けられないよ。先生。

子供って案外敏感だし、考えているのだ♪

看護師の情報力

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

看護師が最も正確な情報を持っている!と私はいつも感じていた。病院に勤務していたころは手術室にて医師の行う手術の手技を全科見る事が出来るし、病棟に勤務している看護師は、患者さんや家族への対応から治療に至る全て医師の行うことを見ている。

説明上手だが、腕はどうか?という医師から、技術は優れているのに説明下手で誤解を招く医師などなど。もし自分や家族に何かあったときには○○先生のところへ行こう!ということまで考える。患者になれば、病院経営うんぬんが重要ではなく、いかに機能回復がはかれるか、病気が完璧に治るかということが最優先になる。

そこで、どんなに病院がハードに力をいれていても、病気を治すには医師や看護師などソフトが充実していなければ意味がないのだ。外観にまどわされたり、ネームバリューで病院を選んでも実際に治療してくれる人、執刀医が誰なのか?ということが重要だ。

その情報を持っている看護師がお互いの情報共有を行うことで、医療業界が大きく変化する可能性があると考えている。悪いことで暴露するのではなく、どの分野で、どの病気にはどの医師が、どの病院が最適か!ということが本当に患者になったときに知りたい情報だと思うから。

看護師が選ぶ病院、医師ランキング

発行に向けて、一人でも多くの看護師に参加してもらいたい。そしてお互いの情報で自分の大切な人たちを守っていきましょう♪患者さん、家族の望んでいる情報共有!変に商業的に作るのではなく、生の声で作るものにしたいですねー。

A-LINEサードプレイス http://www.aline.jp/3rdplace/

カレッジリング

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

2年間のビジネススクール生活も卒業を迎えた♪

現在、指に輝くカレッジリング!

f:id:a-line:20070327162816j:image

f:id:a-line:20070327162848j:image

f:id:a-line:20070327162927j:image

卒業パーティでは、久し振りに大勢の仲間が集った。大学内の会場では教授や同窓生が語り合う姿をぼんやり眺めるだけで不思議と幸せな気持ちになれた♪

今後はこのカレッジリングを見るたびに、A-LINE株式会社を設立する上で重要な鍵となった学校や仲間を思い出しながら仕事に向かおう!と思っています。

喉が痛いー。

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

卒業パーティの後、2次会、3次会、4次会と久々にハシゴで皆と語ったり歌ったり♪

4次会では久々のカラオケ!歌う曲が皆の年代を物語る(笑)大盛り上がりではあったが、流石に相当しゃべった後での歌だったので喉が…そんなことも気にせず沢山歌う。

1年生の頃は、皆で飲みに行ったり、電車が無くなってタクシーで帰るなんて、かなりあったことなのに、起業してからというもの、そんな日も全くといっていいほど無くなっていた。

カラオケ楽しかったなー♪

同窓会とかって(気が早いかしら)このメンバーならいつまでも盛り上がれそうだ。

看護師社長物語 Vol.46 ~青年期~

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

キョンシーと言えば、分かる人も多いかな?(笑)

カンフー映画を観て、よく友人とカンフーごっこ(中学生にもなって…)をしていたのだが、ある日思いがけず足が上がり、友人のおでこに足底で思いっきりキック!

大変だーと思いながらも、思わずビシッと決まったそのキックに大笑いしてしまったのだが、友人ももの凄い痛みの中、あまりのキックに泣きながら大笑い。

いたーい!といいながらも涙を流して笑っている友人をみて「最高の友人だ!」と更に感動(笑)

しかし、道端でカンフーごっこをしている中学生なんて今時見なくなったなー(その当時もいないか…)

看護師の採用

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

看護師の就職サポートを行っているうえで、様々な病院の面接に立会い気付くこと。

病院によって、採用担当者の対応がまちまちであるのだが、あきらかに「間違えだ…」という病院もある。看護師を採用したいと思っていながら、看護師の病院に対する第一印象を決める「面接」や「病院見学」で最善の注意を払っていない病院はまだまだ多い。

看護部長=王様

のような対応をしている病院もあれば、

面接室が汚い

病院もある。看護師が緊張して待っている間に部屋の外での会話が聞こえてくることもシバシバ。もちろん、その会話に病院や職員を非難するようなこともある。

決断の遅い病院、早い病院など本当に様々な対応があるものだな…と思いながら毎回さりげなく面接時に病院のチェック♪

病院採用担当者向けにいつか詳しく採用マニュアルでも作成してみたい!

待ち遠しい

看護師コミュニティの看護師SNS http://www.aline.jp/3rdplace/を運営する

A-LINE株式会社http://www.aline.jp

起業した看護師社長の中友美です♪

もう直ぐ開花か!

f:id:a-line:20070321122131j:image

桜並木になる日本橋~茅場町の間の道路。昨年は桜吹雪も見ることが出来てとても華やかで綺麗な道になる。

今年は会社も二年目。去年とは違う思いの中で、満開の桜を見上げたい♪