看護師社長物語 Vol.11 ~幼少期~

『コロコロコミック』と『小学○年生(学年により変更)』をこよなく愛していた小学校低学年時代。

発売日前からそわそわし、発売日になると急いで近所の本屋に買いに行っていました。しかし!ある日、いつも購入していなかった本屋の前を通ると、発売日前日にも関わらず、雑誌がおいてある♪

この時の衝撃と感動は、突然魔法使いの能力でも得たような、最高に興奮するトキメキの出来事でした。(今思えばオーバーだな…って感じ)

しかし、毎月決まった日にちにしか購入出来ないと思っていた雑誌が、前日の夜に手に入ることが分かり、私はそこから毎月その本屋へ行くようになったのです。その場所は家から自転車で20分ほどの場所。夕方6時近くにならないと本は陳列されないため、私は夕方まで「じーーー」っと待ち、時間を見計らって自転車で駆けつけるのです。

夏はまだ明るいのですが、冬は暗く、周囲に外灯もないような場所を突き抜けなければならないにも関わらず、気持ちが高揚しているので(頭の中はドラえもんやゲームセンターあらしで一杯)勢いよく颯爽と自転車をこぐ、あの情熱的な自分が大好きだったな(笑)

ある日、小学○年生に掲載されていた漫画「おはよう姫子」か「うわさの姫子」の漫画の似顔絵?を親に内緒でこっそりハガキに描き、その雑誌に投稿したのです。何故内緒だったか…もし、雑誌に掲載されなければ恥ずかしいと思ったから♪

その後、数ヶ月して私の書いた似顔絵は雑誌に無事に掲載されました。(もの凄く小さかったけど)あーあの時の雑誌はどこにいったのやら…いつか、ゆとりが出来たら探し出したいものの一つです♪

看護師社長物語 Vol.10 ~幼少期~

小学2年のとき看護師としての資質をわずかに感じる出来事があった。(相当オーバーに言うと)

学校の校庭にあるタイヤを使った遊具にて、同級生の男の子が目をぶつけてしまい、血を流したのだ。一見すると目から血が出ている!(かなりホラー系)同級生は「目から血がでたー!」と言って声を出しているのに反し、私は彼の目を覗き込み、本当に目から血が出ているのか確認!

すると、目の縁が切れていて、そこから出血していることが分かった。涙のように目から顔をつたって血が流れていたので、皆は「目から血」と思ったんだ!と納得。

そのまま保健室へ直行!

血を見て、怖いとか、気持ち悪いと思わなかった自分を実感。

この後、何かクラスで係りを決めるとき、率先して保健係を担当し、体調不良の同級生を保健室へ誘導するという(まーそれだけではあるんだけど)ことに、何だか誇らしい気持ちになっていました♪

傷をのぞき込むなんて生徒は他に居なかったな…(笑)

看護師社長物語 Vol.9 ~幼少期~

海開きは7月1日。

しかし、我が家では海開き前に海に行き、一足早い海開きを行っていました。しかしこれ、6月の末ってまだまだ海水は冷たいんです。朝、学校へ行くために仕度をし、家を出ようとする私を呼び止める母親。

「今日は海に行こう!」

完全な思いつきです…予定してたなら、前日から言ってくれれば時間割の準備でランドセルに教科書など詰めなかったのに…なんてことをブツブツいいながらも、ランドセルをおき、今度は水着の仕度を始めました。(親が決めた予定には従うというきまりがありました)思えば、もの心ついたころから、自分のことは自分で行うということが身についていたので、小学校1年の頃から、時間割りのチェックも宿題のチェックも自分で行い、忘れたら自分の責任!だったな…

と話はそれましたが、結局一足早く、とても空いた、寒い海に行く事になったのです。水着を持ち、車で三浦海岸へ~♪確かに道中は楽しく、ウキウキするのですが、海に着くとやはり寒い。大人は海に入るわけではないし、子供が楽しそうに海辺で遊ぶ姿を見ているだけなので、私は水着に着替えなくてはなりません。

「やっぱり海開き前だけあって人が居なくていいねー」

なんていう大人の会話をよそに、「そりゃー水が冷たいから皆来ないよ」なんて思いながら水着に着替え、水辺で遊んでいました。子供は風の子とか、子供は体温が高いから、案外寒さを感じないなんて、大人の勘違いだと思います。私は結構子供の頃から寒がりだったし、寒い中で遊ぶのはそんなに好きじゃなかったな…まー大人の期待に応えるという意味では気を使うほうではあったかな(笑)

それでも親や親の友人数名が砂浜で横たわり、眠っている姿を見るのは好きでした。何だかのんびりと時間が過ぎていく感覚と、皆がとてもリラックスしているように思えて(この当時にリラックスという言葉は自分の語彙にあったかどうかは疑問…)

そんなこんなで「楽しかった?」と聞かれるたびに「うん!」と答えてしまう素直?な私。そんな答えが翌年の寒い海水に触れることになるにも関わらず…子供が子供として存在し続けるのも、時として大人より大人になる必要があるんです♪

日経産業新聞掲載後 part1

昨年、二度ほど日経産業新聞にA-LINE株式会社 http://www.aline.jp の記事を掲載していただいた。一回目は

2006年8月11日:日経産業新聞「A-LINE、看護師専門SNS」

という記事で、弊社のサービスである看護師専用SNS

「A-LINEサードプレイス」http://www.aline.jp/3rdplace/?m=pc&a=page_o_login

について。看護師は勤務の性質上もあり、看護師同士の連携がとり辛い。同じ勤務場所で働く同僚とも3交替を行う中で、常に同じ勤務につくことは少ないからだ。そして休日、連休なども勤務があるため、看護師以外の人との交流も中々持てないという現実がある。看護師は隣の病棟で行っていることすら分からないことも多い。過酷な勤務、生死に関わる緊張状態の中で、気持ちや日常を共有出来る仲間があまりにもいない。

そこで、看護師が今まで持っていなかった、横のつながりを持つことで、看護師がお互いに共有、共感しあうことが出来る、家庭でも職場でも無い第三の場所「サードプレイス」をネット上でのサービスとして開始した。現在はメンバー同士の交流も活発になっており、看護師同士でしか分かり合えない共通言語を使って、コミュニケーションを成立させている。

潜在看護師も存在し、職場復帰のための準備をサードプレイスで行うというケースも発生しつつある。昨年サービスを開始した当初は、私を中心にしたコミュニティであったが、現在ではメンバー同士がリアルを含め仲間を増やし、他の病院の情報や勤務についての意見交換を活発に行っている。多くの情報を共有する中で、看護師同士で成長しあえるプロセスが醸成されつつあると実感。

日経産業新聞にて掲載された、この後の記事についてはpart2にてご報告!

看護師社長物語 Vol.8 ~幼少期~

教育実習に来た男の先生は、教室にギターを持ってきて、沢山の歌を一緒に歌ってくれました。

その先生のことが大好きで、教育実習期間が終ってから、友人数人と休みの日に先生の実家へ遊びに行く約束をしたのです。先生に迷惑をかけたくないという思いから、昼食はそれぞれがお弁当を持参して、先生の家に遊びに行く事にしました。家に到着すると、実習中と同様にとても優しい先生の笑顔。先生の部屋は二階にあり、一階のご両親に挨拶をして、我々は元気よく先生の部屋におじゃましました。

先生と友人と学校の話などをしていると、お昼の時間が近づきました。先生が「そろそろお昼にする?」というので、我々は「お弁当持ってきたー!」と先生に褒めてもらえるような気持ちで答えました。そうすると先生は「あっそうだったんだ…」と困った様子。そして、下の階に降りていき、先生のお母さんに食事の必要が無いことを伝えているようでした。その時にはじめて、お弁当は持ってくるべきでなかったことを悟ったのです(もしくは伝えておくべきだった)

子供ながらに気を使ったつもりが、裏目に出てしまうことは多々ありました。この後も、申し訳ない気持ちになった私は、先生に元気になってもらいたい!と必死に元気よく歌を歌ったり、勝手に歌を替え歌にしたりしてはしゃいでみましたが、全て逆効果…先生は替え歌などではなく、ちゃんと歌いたかったようでした(涙)

テンションを必要以上に上げて、場を盛り上げようとした私は、更に先生の気持ちを沈ませる結果を招き、帰りがけは「また来てね」と言ってもらえたものの、何とも寂しげな先生の表情にいたたまれない思いで帰路に着いた記憶があります。もちろん、友人とそんな話はしませんでしたが、大好きな先生を楽しい気持ちにさせることが出来なかった…という深い悲しみと落ち込みは、大人になった今でも心に残っています。

楽しんでもらったり、笑顔になってもらうには、一方的な思い込みでは達成出来ないということを知った一日。良かれと思って何かを行うこと=思いやりではない。しかし、この事があってから、他者に満足してもらうことの重要性を考えるきっかけになったので、とてもありがたい体験だったと思っています♪

看護師争奪戦後に起こること

本日は、看護師社長物語をお休みし、先日の新聞記事に大きく取り上げられていた、

「看護師不足、看護師争奪戦」

について、現在の病院の問題点と弊社が行ったニューリリースの内容について書いていこうと思う。

以前の日記でも触れたが、昨年の診療報酬改定により、今まで以上に看護師が病院で必要な存在となった。以前から看護師不足は問題視されていたが、改定により看護師配置の人数により、保険点数に大きな差が生まれるようになったからである。病院は看護師を確保せざるおえなくなったのだ。これにより、必死で病院は看護師確保に乗り出したのだが、看護師側のニーズを理解しての行動でも、看護師のことを充分に考えた末での行動でない。その中でありとあらゆる方法を使い、看護師を確保した、経済的にもパワーのある病院…

しかし、看護師は離職率も高い。どんなに必死に確保したとしても、1年以内に看護師が辞めてしまう割合は10%近い。病院の採用担当者になると分かると思うが、看護師を一人確保するだけでも大変な苦労であるのに、必死で集めた看護師は毎年辞めてしまう。私は今年、更に中間層(3年以上の看護師としてひとり立ちをしてから主任になるあたり)の大幅な離職が起こる可能性を秘めていると感じている。

以前から、新人教育の方針が変更になりつつあり、現場中間層の看護師は勤務し辛い状況はおこっていた。しかし、今年の異常とも思える看護師争奪戦が終ったことに息つく暇もなく、直ぐに4月から「新人教育」が開始となるのである。疲弊している現場看護師が、大量の新人にどれほどの教育を施すことが出来るのであろうか。プリセプターになった看護師が、新人教育にあたりどのようなフォローを行うのであろう。

自らの業務をこなしながら、教育も行うことはとても大変なことであるのだが、今年は更に新人が多くなる病院が多く、この環境に耐えうる看護師ばかりでないことは、あまりにも容易に想像出来る。新人にしても、以前であれば手厚くプリセプターとの関係を作っていけたものが、今年の状況では、それも厳しい。このような負のスパイラルが、必死で奮闘して看護師を確保してきた病院の次なる課題となるであろう。

そこで、弊社としては、看護師の職場定着におけるカウンセリング業務を新サービスとして開始した。看護師が職場に定着出来ない様々な理由を解決するため、第三者である

A-LINE株式会社 http://www.aline.jp 

が病院と協働し、看護師をフォローすることで、看護師が勤務を継続出来るプロセスを確立する。争奪戦や確保にばかり注目していた時期から、定着へ向けた対策へと病院も切り替えを行う時期になったように思う。病院がどこまで看護師のニーズを満たすことが出来るのか?ということが今回の争奪戦後に出る、本当の病院評価と鍵になっていくのではないだろうか。

看護師社長物語 Vol.7 ~幼少期~

小学生でも自意識というか、セルフプロデュース的な意識が強かったなぁと思います。

一つは自分自身のギャップを周囲にアピールすること。小学3年生まで通っていた学校では休み時間に校庭で生徒が集って運動をしたりすることを促進していました。その一つとして、休み時間には歌謡曲が流れ(当時はヤングマンなど)皆で踊ったりします。午前中の休み時間には、走って校庭まで駆けつけ、曲が流れると朝礼台に上り生徒の前で踊っていました。その後流行った

お立ち台

の前進でしょうか?(今の時代にお立ち台ってこともないと思いますが)誰よりも早く朝礼台にたどり着かないと生徒の前に立てないと思っていたので(まー他にこんなことをしたい人がいたかは疑問)チャイムが鳴る前からそわそわしていました♪これがどうして面白いのか?というと…大勢の生徒が(小学1年~6年生まで)自分を見ながら、自分と同じように踊ってくれるんです。たまに間違えてしまうと全員間違える!これが何とも使命感というか、きっちり踊らなきゃ~という気持ちと、満足感を与えてくれていました。完全なお立ち台マジック。

ディスコソングを学校へ持ち込み、姉に習った踊りを学校で多くの生徒に広めたのもこの時期でした。自分の誕生日会でディスコ大会を行ったり(ディスコっていう言葉は今いづこ…)今思うと、教室で何かの時間を先生にもらい(HRかな?)クラスの生徒全員でディスコ大会を開催してグループの順位を決めたりと、自由な小学生低学年生活を送っていた最高の時期。

しかし、午前中は活動的な面をアピールしているものの(誰へのアピールだったのかは疑問)午後の休み時間には校庭で駆け回ることはせず、分厚い本を片手に校庭の端にある庭園のベンチに座り読書をすることが大好きでした。動と静の両面を持つ自分を確実に意識していたことは確かです。本を読みながら時折、校庭を眺め賑やかに走り回るほかの生徒達を見つめる…(っというか午前中は思いっきり自分がその中にいたのに)何だか大人になったような?落ち着いた気持ちで、ざわついた場所で、自分の時間を楽しむという心地よさを感じていました。多分(いや確実に)そんな自分を「カッコいい!」と思っていたんだと思います(笑)

看護師社長物語 Vol.6 ~幼少期~

「かたあしだちょうのエルフ」

小学校低学年の私にとって、一生忘れられない絵本となった一冊…

ダチョウのエルフは自分の身を盾にして、仲間の小さな動物をライオンから守ります。その戦いで片足を失うのですが、助けられた仲間は、はじめのうちは、食べ物を運んだりしていました。しかし、時が経つにつれエルフは忘れられていくのですが、再び仲間の動物が襲われそうになったとき、仲間を守るため、動物を背中にのせ頑張るエルフはいつしか木になってしまう。木になったエルフはその後、動物たちのオアシスとなっていく…何とも悲しいお話でした。

もちろん、内容も小学生の私にはショッキングでもあり、感動的でした。小学生の頃、漫画も大好きでしたが(コロコロコミックなど)本も好きで、よく学校の図書館へ行き本を読んでいました。

が、「かたあしだちょうのエルフ」は別のエピソードがあります。先生から指定され、この本を購入し、学校へ持って行かなければなりませんでした。指定されたのは1週間も前だったのですが、それを忘れていた私は前日の夕方に「はっ!」っと気付き、親に事情を説明してお金をもらい、自転車に乗って一目散に近所の本屋さんへ!

まずは一件目。

本が置いてない…

次に別の本屋へ!

また置いていない(@@)

多分、近所の本屋さんは、学校から指定されたということもあり、同級生達が購入してしまい売り切れていたんだと思います。しかし、ここで諦めてはいけない!と思い、三件目の本屋さんへ!

そこで本を発見!

しかし、お店の人は本を売ってくれないといいます…何故なら本は予約された本で、明後日、予約した人が取りに来るからとのこと…困った私は交渉してみました。明後日なら、また取り寄せれば間に合うんじゃないか?だから私にその本を売って欲しいなどなど、小学校低学年とは思えない?(笑)強引さで店員さんに詰め寄りました。

それでも「明後日までに届くかわからないから」という理由で売ってくれようとしません。今の時代の流通ならありえない話だと思いますが、思えば数十年前ですから、それもいたしかたなかったのかも…しかし、私には納得出来ず、

「売ってくれるまで帰らない!」

と、何とも理不尽で、強引なことを言い、座り込みを開始!誰に教えてもらった訳でもないはずなのに(っというか、そんな事する人いないか)レジのあるカウンターの側に座り込みを始めた私…(はい。完全に迷惑行為です)はじめは相手にしなかった店員さんも、動かない私を見て呆れたのか、諦めたのか、問屋さんに確認の電話をし、明後日までに本が届くか確認をしてくれました。本は明々後日になるかもしれないという結果であったらしく、今度は本を注文した方に電話。明々後日でも大丈夫かも確認してくれたところ、注文した方は「OK!」との返事だったようで(隣で一部始終聞いていました)結局、本を売ってもらうことに成功!

相当やっかいな子供に、根負けして対応してくれた店員さんに感謝♪本を購入し、何も無かったように帰宅しました。

この話しを親にしたのは、ここから数年後…「自分の子供だと思えない!」というほど、親を笑わせ、青ざめさせる出来事はこの後も続く。

看護師社長物語 Vol.5 ~幼少期~

今でこそ、住宅街の洒落た町になった横浜の某所。私が住んでいた頃は山も大した手入をされておらず、子供が探検をしたり、駆けずり回るには、もってこいの場所でした。小学生になってからは、友人と学校後、ひがな山へ行って遊んでいました。

ある日、木に登ろうとして足をかけると、枝がポキっと折れ、そこから白い樹液が落ちたのです。それを見た私は「牛乳だー!」と

「白い水溶性の液体=牛乳」

という発想で、これは牛乳だから飲める!と思い、枝から出ている樹液を口にしました…っすすると、もの凄く苦い(当然です。樹液ですから)

「にがーーーーい!」

と言って樹液を吐き出す私の姿を見て「これは腐った牛乳だ!」という友人、(所詮みんな子供ですから)私は私で「木から出ている牛乳は腐っているから危険だ!」と皆に伝え、「木から出ているの牛乳は飲まないに限る!」という教訓が仲間の中で浸透しました。

小学校3年生で転校するまでの私が、最も子供らしく?元気の良かった時代だと未だに懐かしく思います。

看護師社長物語 Vol.4 ~幼少期~

子供同士、ましてや保育園生くらいの時にも子供同士の世界はあります。

スーパーや人混みに行って、買い物をしていると子供同士は目線がバッチリ合いますが、夢中で買い物をしている大人からは子供の表情や様子が見えないことが多くあると思います。そんな時、子供は子供同士で牽制しあったり、威嚇をしたりすることがあるのです。これぞ、まさに

「親の知らない世界」

ですね。ある日、スーパーで買い物をしている母に手を引かれていたときのこと。正面から同じくらいの年齢(4-5歳)の子供が親と一緒に買い物をしていました。ジーっと目を合わせる彼女に私も彼女の目を見ていました。暫くするとかなり近距離になり、笑顔になっていいものか、知らん顔をすればいいものか、自分的に、一瞬の迷いがあったのですが、そのタイミングで彼女の方が一枚上手でした。私に向かって一瞬舌を出し、あかんべー的な動作をしたのです!

私はショックというより、あかんべー返しをしようと思ったときには、すれ違い終了…結局、お互いが親に手を引かれていると親に気付かれずに、子供同士の戦いが行われていることってあるんです。結構。

子供は小さいながらも、ワールドを作り、その中で一生懸命、主張しようとしているのかな?親の気付かない間に、子供同士のアイコンタクトはさかんに繰り広げられている。時に笑顔で時に威嚇をしながら(笑)