看護師社長物語 Vol.19 ~幼少期~

同じ誕生日でも、両極端な一日を送ったことがあります。ある年は

「超主役」

そして、別の年は

「脇役以下」

両日とも小学生だったのに、何故こんなことになったのか!それは、私のオーダーミスから始まりしました。「超主役」を味わった誕生日はドラマのように、友人を大勢呼んで、食事をし、ケーキのロウソクを吹き消し、全員から誕生日祝いをもらい、母の友人からは「ドラえもん」の単行本を全巻セットでもらい、家の2Fでディスコ大会を開催し…と思えば、人生最大級の誕生日を経験!(これ以降、こんなに誕生日らしい誕生日を経験したことが無いかも…)

というのも、私は誕生日をかなり前から意識し、親に盛大な誕生日会を開催したいことを伝え、食事、ケーキ、プレゼントに至るまで入念な打ち合せをしたのです(うちの親は基本的に子供が真剣に行う提案は、かなり受け入れてくれる方でした)故に、自分の描いた通りの理想的な誕生日パーティが無事終了。

翌年からは、それほど誕生日に気合いも入らず(多分、企画や招待状などの手間で疲れたのだと思います)まーケーキとプレゼントがあれば十分だな。という位でした。それでもきちんと伝えることにより、希望通りのプレゼントは買ってもらえていました(おもちゃのタイプライターなど)ところが!ある年、そのオーダーをせずに誕生日当日を迎えたのです。

希望するような物品も無かったというのが、理由ですが、その年は「まー親が何かプレゼントは考えてくれれば、ケーキと誕生日らしい夕食があれば十分か」と思っていました。

その日は日曜日

親と町へ買い物へ。しかし、親の様子が何だかおかしい。普通に家電製品などを見ているし、何だかプレゼントを購入する気配がありません。そこで

「今日何の日か知ってる?」

と母に質問すると

「今日は日曜日に決まってるでしょ!」

との返事…

まさかなー忘れているわけないよなー。と思い、「そっか!誕生日プレゼントは既に購入しているんだ!」と思いかえしたのです。そこで普通の買い物のみで家路へ。いよいよ夕食の仕度が始まりました。はたまた様子がおかしい。冷蔵庫にはケーキも無い…

「まっ!まさか!」

と若干、不安になった私は夕食の献立を確認しました。そこで愕然として言葉を失ったのです…

献立は、「モヤシ炒め」と「鳥のからあげ」

普通です。いや、むしろ普通の日より全然少ない!というか全部、黄色っぽい(涙)そうです。私の誕生日は虚しくも忘れられていたのです。そして、日曜日の夕食にあるまじきメニュー。凄く覚えやすい誕生日を忘れる親がいるなんて!!と、悲しみのどん底に落ちた私は食事が始まって数分後。

「今日は私の誕生日だったんだ…」

と打ち明けました。「えーーーーー」と驚く親をみて、驚いたのは私だよ!と心の中でつぶやきながら、提案の重要性を認識。この事がきっかけとなり、分かったことですが、うちの親は基本的には誕生日とか全く覚えていない!というより、この事件後、父は覚えてくれるようになりましたが、母は全く変化なし。

親だから○○という固定概念を持っていた自分と決別し、自分がしたいこと、覚えておいて欲しい日にちは自分から積極的に働きかけなければ!と認識した事件でした。

Tomomi Naka

Tomomi Naka