看護師は注射が苦手?

一般の方と話をしていて良く出る話題の一つに「採血上手な看護師」と「採血下手な看護師」が存在するということがあります。そして多くの方が、看護教育課程において、採血や注射は習得しているだろう!という意識があることに気付かされます。

未来は分かりませんが、現在の看護教育で、採血や注射が上手になるような訓練は殆どしていません。擬腕を使用しての練習程度は行う学校もありますが、看護学校では注射、採血のスキルに重点をおいているという話は聞いたことがありません。座学、ビデオが殆どで、良くて擬腕を使用して数回行う程度…

そう。看護師になるには、採血が出来なくてもよいのです。

実際に看護師が採血や、注射を行うのは、病院勤務をしてから!ということになりますので、本人のセンスを抜きにすれば、経験する頻度が高い人はやはりどんどん上手くなっていきます。そして、大学病院などでは基本的に入院患者さんに対しては、医師が注射や採血をすることが多いので、経験回数の少なさから、苦手な人も多いようです。

ちなみに、私は民間病院の出身ということと、一番初めの勤務が手術室だったということで、採血はとても鍛えられました。痛い思いをさせてしまった患者さんや、先輩看護師の皆様には本当に申し訳ないことだと思っています…しかし病院選びの時にこんなことまで考えてませんでした…

多分、看護学生さんの中でも、採血スキルに重きをおいて就職活動する人なんていないだろうな?と最近良く思います。看護学生の時は右も左も分からない中で、とにかく何処か病院に就職する!という位の意識しかありませんでしたし、どの病院にいけば、どのようなスキルがつき、どのようなスキルは身に付かないのか?など考える余裕は無かったと思います。

一般の方と看護師の乖離。まだまだありそうです。